« 横浜家系ラーメン 藤家@茨城県石岡市 | トップページ | らぁめん 赤星 16@埼玉県深谷市 »

2015年6月 5日 (金)

ラーメンショップ 当麻店@神奈川県相模原市

国道129号からちょっと入った所に佇む。

P1010293
朝6時から営業で朝ラー可能。
こちらには、ラーショでは珍しい塩ラーメンがあると聞いた。朝7時半頃到着。

P1010295

Dsc08345
「いらっしゃいませ~」
若い男性店員に迎えられた。この界隈(多摩・相模原)ではよく見るメニュー。餃子150円はお得。
まずは食券購入・・・が!( ̄□ ̄;)塩ラーメンのボタンがない!
店員に「塩があるって聞いたけど・・・」と問いただすと・・・
「あります。味噌の食券買って頂いて、塩と言ってください」と・・・
だったら書いとけよっ!と、憤ってみる。みそラーメンのボタンをポチる。
食券には「ラーメン・味噌・塩」と書かれてあった。
食券を渡しがてら「脂多め」をつけ加える。

Dsc08346
セルフのお冷を汲んでカウンターに着席。
先客1名、後客2名様。どうしてどうして、朝ラーの需要は多い模様。

P1010298
今風の、パフォーマンスを誇示するオペではないが、着実な動きは安心感あり。
約6分ほどで着丼であった。

Dsc08347
塩ラーメン(脂多め) 600円

Dsc08348
脂のせいで、塩だか醤油だか味噌だかわからないが・・・ゴマが浮く事でそうとわかる。

Dsc08349
レンゲを差し入れると「どろどろ~」と背脂が流れ込むのはいつもの事。
早速一啜り・・・ふっと鼻を突く豚臭は、主に背脂の香りであろう。
スープ自体はシャバで軽やか。ほんのり豚感。それを塩味がサポート。
朝から脂多めでも決してヘビーではない。わずかにニンニク香り、ゴマの風味もいい。

Dsc08350
麺は、積まれた麺箱からわかるとおり、本部指定と思われる「ラーショ麺」
しかし麺は同じでも、茹で具合は店によって千差万別。
こちらはラーショの伝統通り?柔めな茹で具合。クタ麺に脂が絡みクタ感増幅。
「麺硬め」推奨だろうが、自分はラーショの意図を尊重。

Dsc08351
チャーシューは赤身多い部分。かなり脂部分も掃除されている。これが二枚。
噛むとジワッと醤油のカエシが滲む。塩ラーメンと醤油ラーメンの二つが味わえたお得な気分。

Dsc08352
ラーショのラーメンは健康志向?
現代人に不足しがちな食物繊維やビタミン、ミネラル豊富な昆布。

Dsc08353
その対角線に配置された海苔。
そいつで麺を挟んで「海苔巻き麺」にして頂く。塩&海草で海の香りいっぱい。

P1010297
味変え用のアイテムも存在するが・・・朝からそんな無粋な事はしない。

Dsc08354_3
清々しい気分で頂いた。わずかにスープを残してごちそうさま。

休日は朝から徘徊する自分にとって、朝ラーできるラーショはありがたい存在。

朝ラーファンの皆さんにもっともっと紹介したい。大いにお勧めである。

Dsc08355
金曜日はラーメンデー。

P1010309
P1010310
ラーメンショップ 当麻店

神奈川県相模原市南区当麻2314(地図)

TEL 042‐778-2778

営業時間 6:00~21:00

定休日 年中無休

席数 カウンター10席 テーブル2卓 小上がり5卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道129号を厚木から伊勢原方面へ走行。「塩田原」信号左折。三つ目の「下当麻」信号越えて約100m先右手。

« 横浜家系ラーメン 藤家@茨城県石岡市 | トップページ | らぁめん 赤星 16@埼玉県深谷市 »

ラーメンショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61610203

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンショップ 当麻店@神奈川県相模原市:

« 横浜家系ラーメン 藤家@茨城県石岡市 | トップページ | らぁめん 赤星 16@埼玉県深谷市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ