« フタツメ@群馬県高崎市 | トップページ | 福島屋@福島県喜多方市 »

2015年6月30日 (火)

とんこう@福島県喜多方市

喜多方市役所前に佇む。

Dsc08746
地元人気ブロガー氏の情報にて、こちらで朝ラーと決めた。
土日祝は朝7時から営業。ちょっと悪い天気の中、7時半到着。

Dsc08750_2
「いらっしゃいませ」
若い体格いい男性に迎えられた。先客一名様。さっと、おいしい喜多方の水が届く。
高崎から約5時間の長旅。ぐいっとあおってのどを潤す。
古い店、調度品を丁寧に使っている感あり。レトロ好きの自分は好感。

Dsc08752
Dsc08753
メニュー
一般的な「喜多方ラーメン」に加え、喜多方では珍しいとんこつラーメンあり。
さらに朝限定の和風ラーメン用意。まさに「早起きは三文の得」であろう。
しかし、基本であろう喜多方ラーメンをお願いした。朝は半ライスサービスだが辞退。

奥にもう一人、男性店員の姿が見えた。7分ほどで着丼であった。

Dsc08756
喜多方ラーメン 650円

Dsc08758
穏やかな感じの色合い。結構ラードが浮き、決してあっさりではない。

Dsc08762
黄金のスープにラードが渦を巻いてレンゲに流れ込む。
ふわ~と口の中に広がるガラ感いっぱいなスープ。醤油感少なくちょっと塩辛。
ほんのり生姜、野菜のふくよかな感じあり柔らかさあり。
温度高めは、初夏とは言え肌寒い朝の喜多方ではありがたいごちそう。

Dsc08764
淡く透明感ある喜多方麺。
表面滑らかな多加水麺はかなり縮れ強く弾力ありシコシコ元気。
潔い感じでスープを持ち上げて口の中に飛び込んでくる。

Dsc08766
チャーシューは小ぶりのバラが二枚載る。
しっとりな食感はダシを取られ、ダシが染みこみ噛むとジワッと滲む。
熱いスープで脂はとろとろ。

Dsc08767
太めのメンマ。

Dsc08768
ほんのり甘めのナルト。
両方とも、ちょっとショッパめなスープの舌休めとして十分な働きを見せる。

Dsc08770
結構キレよくさばさばいける。完食・完飲であった。

Dsc08755
「喜多方には朝ラーメンの習慣がある」とよく言われるが、実は言うほど朝ラーメンの店は多くない。
しかし新しい店は朝ラー可能店が多く、古いお店でも、こちらのように土日祝のみ朝ラーをやる店も増えてきた。

朝からラーメン食べたい方には朗報であろう。大いにお勧めである。

Dsc08747
Dsc08748
とんこう

福島県喜多方市梅竹7295-1(地図)

TEL 0241‐23‐3668

営業時間 11:00~14:00 17:30~21:00(土日祝7:00~)

定休日 火曜日

席数 テーブル3卓 小上がり4卓

喫煙 不可

駐車場 未確認

交通アクセス 国道121号を会津若松から米沢方面へ走行。バイパスではなく旧道を市街方面へ。三つ目の、ヨークベニマルの先の信号を左折、二つ目の、喜多方市役所前の信号越えて約40m先左手。

« フタツメ@群馬県高崎市 | トップページ | 福島屋@福島県喜多方市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61709786

この記事へのトラックバック一覧です: とんこう@福島県喜多方市:

« フタツメ@群馬県高崎市 | トップページ | 福島屋@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ