« 百番食堂 銀座店@茨城県日立市 | トップページ | 手打ちうどん 如水@埼玉県飯能市 »

2015年6月12日 (金)

横浜家系らーめん 石六家@茨城県ひたちなか市

国道6号沿いに佇む。

Dsc08405_2
家系ラーメンで有名な壱六家と発音が似通う。そちら出身か?
午後3時頃だったが、家系のお店は通し営業が多い。こちらもそう。
反対側車線からで中央分離帯もあったが、ぐるっとUターンして車を滑りこます。

Dsc08390
多くの家系の店み習い食券制。
ラーメン(豚骨醤油の模様)、豚骨、魚介豚骨、味噌、つけめん。
さらにはご当地ラーメンの「スタミナ」も用意。サイドメニューやトッピングも豊富。
基本であろう「ラーメン」の食券購入。

Dsc08391
「いらっしゃいませ」
若い明るい感じの黒シャツの店員に迎えられた。中途半端な時間で先客なしの貸切。
カウンターに着席した。

Dsc08394
おもしろいのは、喫煙者専用のテーブル&カウンターが用意されていた。

Dsc08393
家系ラーメンのルール。麺の硬さ、味の濃さ、油の量を申告。
食券を渡しがてら「油多め」でお願い。
なかなか手際いい手つきのオペ。6分程で着丼であった。

Dsc08396
ラーメン(油多め) 620円

Dsc08397_2
茶濁した表面に大きな油玉が浮く。ちょっと壱六家系とは違う感じ。

Dsc08398
結構温度高めなスープ。ふうふう吹いて頂く。
なかなかじっくり深い感じのスープ。そしてコクあるカエシ感。
家系と言うより、濃厚豚骨醤油の博多。あるいは上豚骨に似る。
甘辛ショッパめのカエシの主張強く、くせになりそう。
油がカエシの尖りをうまく丸めてマイルドさを持たす。

Dsc08399
麺は家系としてはかなり細め。
ちょっと太めの中華麺と言った感じでモチモチシコシコ。味噌ラーメンに合う感じ。
もちろん、ちょっと濃いめのこちらの豚骨醤油にもマッチングよし。
店主曰く「この辺では酒井製麺がなかなか入手困難で・・・」との事。

Dsc08400
チャーシューはバラ。カエシに煮込まれた角煮風。
ほろリと崩れ、箸で持ち上げるのは困難。これが二つ載る。
ああそうか。このラーメンのカエシは、この角煮の煮汁なんだろうな・・・

Dsc08401_2
舌休めを担うほうれん草。秀逸なスープを掬って頂くとうまみが増幅。

Dsc08402
海苔は家系に多くある、バリッと硬くしっかりしたものではなくて、はかなく散る青海苔。
海が近いから磯の香りを大事にするのか?
グルッと麺やほうれん草を巻いてスープに浸す・・・これを三回。

Dsc08403
なかなしっかりしたラーメン。麺もスープもチャーシューも食い応えあり。しかし・・・
店主に「何か家系のラーメンじゃないね」と言うと「ちょっと変えてみようと」と・・・

以前は二郎風ラーメンもあったらしい。
「インスパイアしたわけではないですが」と否定したが、実は池二でずいぶん食べたと白状。

家系ファンは「こんなの家系じゃねーよ」と言うだろうが・・・

自分は濃厚醤油豚骨として、これもありだと思う。大いにお勧めである。

Dsc08406
ランチタイムはミニチャーハンサービス。

Dsc08407
深夜まで通し営業はうれしい。

Dsc08404
Dsc08388
横浜家系らーめん 石六家

茨城県ひたちなか市田彦975-4(地図)

TEL 029‐274-4387

営業時間 11:00~24:00(23:30LO)

定休日 不定休

席数 禁煙席カウンター10席 小上がり3卓 喫煙席カウンター2席 テーブル2卓

喫煙 分煙制

駐車場 あり

交通アクセス 国道6号を水戸からいわき方面へ走行。「田彦郵便局前」信号越えて約150m先左手。  

« 百番食堂 銀座店@茨城県日立市 | トップページ | 手打ちうどん 如水@埼玉県飯能市 »

茨城のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61638999

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜家系らーめん 石六家@茨城県ひたちなか市:

« 百番食堂 銀座店@茨城県日立市 | トップページ | 手打ちうどん 如水@埼玉県飯能市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ