« ドライブステーション 板蔵@岐阜県高山市 | トップページ | ラーメンショップ椿 羽村店@東京都羽村市 »

2015年7月 8日 (水)

甚五郎らーめん 本店@岐阜県高山市

国道158号沿い。高山の街中に佇む。

Dsc08986
市内に二店舗を構える。自分は知らなかったが、地元の人気店らしい。
丁度昼頃到着。駐車場に入ろうとするも一杯。辺りをぐるぐるしながら出る車を待つ。
タイミングよく退出する車が・・・すかさず車を入れ、入店待ちの行列にジョイント。

Dsc08967
しばし待って、エプロン姿の飛騨美人に「どうぞ」と誘われた。
地元人気店は当然の事ながらお客さんいっぱい。カウンターに着席する。
ラヲタではなく、一般人多い模様。

Dsc08968
Dsc08969
メニュー
うおっ!地ビールがある!車なので遠慮したが、一度味わってみたい。
デフォであろう「甚五郎らーめん」お願い。昼時は半ライス&漬物サービスだが・・・辞退。

Dsc08971
4人の飛騨美人がかいがいしく動く。
喜多方ラーメンもそうだが、エプロン&スカーフ姿に長旅の疲れが癒される。
混んでいても提供は早い。6分程で、前客に続き「どうぞ」の声と共に着丼であった。

Dsc08974
甚五郎らーめん 650円

Dsc08975
「ショボイ!」と言うなかれ!丼がデカイのだ(二郎の丼と同じと推測)。
隣の方は大盛だったが同じ大きさの丼。

Dsc08977
強烈な主張はない物の、穏やかな鶏感に心和む。油玉が光るスープは普段着。
いつ食べても、誰が食べても「あ、おいしい」と感じると思う。
醤油味も尖らずやさしめ。毎日食べても飽きないタイプ。温度は高め。

Dsc08979
麺は高山ラーメン定番の極細縮れ。しかし適度に腰ありシコシコ感あり。
冬、凍えるお客さんに「少しでも早く温まってもらいたい」と、早く茹で上げる為とか?
縮れがやさしめなスープを引っ掛けてサバサバ口の中に飛び込んでくる心地がいい。
麺量は150gくらい?と標準的。

Dsc08981
チャーシューはバラ。タレで煮込まれ、噛むと赤身から甘辛なタレがジワッ!
それがとろけかかった脂の甘みと融合する。これがうれしい事に二枚。

Dsc08982
浅めの、ほんのり甘めのメンマ。これもでしゃばり過ぎず。

Dsc08972
卓上にはこんなアイテムが・・・漂うニンニク臭はこれか?
正直、穏やかなラーメンにニンニクは・・・と思ったが、周りを見ればみんな入れている。
そこで自分も・・・おおっ!なかなかいっそうパンチが出た。
本物のニンニクだから出たであろう味。業務用オロシなら味が壊れていたかも?

Dsc08983
作り手の思いやりを十分堪能。少し・・・ほんの少しスープを残して未練げに丼を置く。

決してインパクトあるラーメンではないが・・・わずかな物足りなさが、次の一杯を欲する。
ラーメンとはどう言う物か?再認識を迫られる味わい。

店名の由来、左甚五郎は江戸時代に活躍した飛騨(現在の岐阜県)の天才木工職人。
その腕前は、彼の作である日光東照宮にある眠り猫のおかげで、東照宮にはネズミがいないとまで言われている。
その匠の技術は今に受け継がれ、飛騨高山産の家具は全国的に評価が高い。

そして、こちらも甚五郎に負けないラーメンの匠。大いにお勧めである。

Dsc08987
Dsc08973_2
隣はお持ち帰り専用の店舗?

Dsc08966
Dsc08984_2
Dsc08965_2
甚五郎らーめん 本店

岐阜県高山市西之一色町2-132-1(地図)

TEL 0577-34-5565

営業時間 10:30~14:30 20:00~26:00 日曜、第一第三月曜10:30~14:30

定休日 年末年始 

席数 カウンター10席 テーブル5卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道158号を松本から高山市街方面へ走行。「鍛冶橋」信号の次の信号左折。その先の「日赤北」信号を右折。越えてJR高山本線を越え、一つ目の「花里跨線橋西」信号越えて約30m先左手。

« ドライブステーション 板蔵@岐阜県高山市 | トップページ | ラーメンショップ椿 羽村店@東京都羽村市 »

岐阜のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61756448

この記事へのトラックバック一覧です: 甚五郎らーめん 本店@岐阜県高山市:

« ドライブステーション 板蔵@岐阜県高山市 | トップページ | ラーメンショップ椿 羽村店@東京都羽村市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ