« めん房 大喜@福島県喜多方市 | トップページ | めん処 藤堂@静岡県三島市 »

2015年7月27日 (月)

麺祭 いきぶし@静岡県沼津市

沼津漁港の魚河岸付近に佇む。

Dsc00208
うおっ、街の風景に似合わぬ(失礼!)おしゃれな雰囲気。

Dsc00210
営業は何と朝5時半から!到着は6時頃。すでに先客の姿が見えた。
朝早い漁協関係者ではない模様。カウンターのみの狭い店内。
「いやっしゃいませ」妙齢の沼津美人(ホントだぞ!)は一人切り盛り。

Dsc00211_2
Dsc00212
メニュー
てっきり「カニラーメン」とか「海鮮ラーメン」とか港湾労働者、あるいは観光客相手のラーメンと思ったら・・・
なかなかニューウェーブ。
ラーメン、つけめん・・・何とまぜそばまである。
沼津美人に「そちらで食券をお求めください」と誘われた。

Dsc00209
あまり見たとのない券売機。
まずお金を入れ「らぁめん」のボタンをタッチ。次に「塩」と「醤油」が出てくるので目当ての「塩」をプッシュ。お値段は、ちょっと高めの800円。

お釣りを出して着席。ママさんを呼ぶも、ワンオペの為「ちょっと待ってください」と・・・
中華鍋を振るう音は先客の「ちゃあはん」調理中の模様。女性に優しい自分。じっくり待つ。

ちょっと見えづらいが、寸胴からではなく、一杯分小鍋にダシを取り温める模様。
8分後「お待たせいたしました。塩になります」と着丼であった。

Dsc00218
塩らぁめん 800円

Dsc00220
黄金のスープの上に、色とりどりの食材がカラフル。
浮かべられた香味油が宝石のように輝く。

Dsc00221
一切濁りのないスープは、仕事が丁寧・誠実である事を証明する。
ちょっと熱めの温度が唇を焼く。油であろう。まったり滑らかな口当たり。
ふんわりと甘みあり。魚節、そして鶏や豚の動物とが融合したうまみであろう。
そして・・・けっこう塩気強め。とは言え、イガイガ尖るのではなく、塩の「甘み」を感じた。

Dsc00222
麺は、一見はかなく力弱い感じだが・・・実は小麦がギュッと圧縮された感じ。
啜り込み、唇で噛むと、博多麺風のブリブリッといった感じで千切れる。
ふわっと小麦の粉っぽい風味。舌に甘みと、絡んだ油の滑らかさを感じる。
なるほど!この麺の力強さゆえのショッパさか!と納得。

Dsc00223
チャーシューは大きめ・薄めのバラロール。
ダシを取られてちょっとパサだが、スープを飲みながら頂く事を推奨してる感じ。
わずかに残った赤身のうまみと、脂の甘みとスープのしょっぱさがシンクロ。

Dsc00225
メンマが極太。しかし硬からずプリッと柔らか。太いゆえにうまみと風味いっぱい。

Dsc00226
黄身がねっとりな味玉が半玉。スープごと掬って一口でパクッ!

Dsc00224
水菜はわずかに塩気。舌をさっぱりさせる。

Dsc00230
ちょっと高めの塩分に、健康診断の結果に「要加療」の文字が並ぶ自分・・・
「申し訳に」スープを残して箸を置く。

正直、なぜこんなところに店を出したのか不思議。
もっと街中に出してもよさそう。しっかり人気魚行列店になりそうなラーメン。

食べ終わって店を出る。
入れ違うように、観光客風の若い男女や外人さんのグループが店を指差し入ってくる。
自分は知らなかったが、実は有名なのか?

魚河岸に咲いた、ニューウェーブのおしゃれなラーメン。大いにお勧めである。

Dsc00227
こんなのがあるのも、女性店主ならではの気遣いか?

Dsc00216
朝9時までは、ラーメンのお客さんに「玉子かけご飯」サービス。
食券提出時に「朝定で」とコール。

Dsc00136
Dsc00134
麺祭 いきぶし

静岡県沼津市千本港町124 潮さい市場1F(地図)

TEL 055-919-2030

営業時間 5:30~9:00 10:00~15:00

定休日 火曜日 

席数 カウンター10席

喫煙 不可

駐車場 なし(近くに有料の立体駐車場あり)

ホームページ http://www.ikibushi.com/

交通アクセス 国道246号を秦野から沼津方面へ走行。国道1号との交差を越え、県道87号と交わる「上石田南」信号を右折、国道414号へ。「杉崎町」信号左折。5つ目の「三園橋」信号右折。一つ目の「大手町」信号左折、県道159号を沼津港方面へ。「千本港町」信号左折、一つ目の路地(狭い・一方通行)を右折・・・

Dsc00235
約300m先。右手の・・・

Dsc00236
Dsc00238
潮さい市場に入ってすぐのところにあります(^^)

※ 漁港の人の仕事の邪魔にならない様、気をつけてください

« めん房 大喜@福島県喜多方市 | トップページ | めん処 藤堂@静岡県三島市 »

静岡のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

焼きラーメンっていうのもあるんですねー!
なんか気になります(*´艸`*)
そういえば猛暑にもめげず先週背脂たっぷりのラーメン食べてきました、ムフフ♪

>> 嶺上自摸さん

毎度。
喜多方には「炒めそば」があったり、山形には「冷しラーメン」があったりしておもしろいですね。
「焼きラーメン」検証したいと思います(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61877893

この記事へのトラックバック一覧です: 麺祭 いきぶし@静岡県沼津市:

« めん房 大喜@福島県喜多方市 | トップページ | めん処 藤堂@静岡県三島市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ