« めん処 藤堂@静岡県三島市 | トップページ | 日本台湾祭りin上野@東京都台東区 »

2015年7月31日 (金)

長浜らーめん 八王子店@東京都八王子市

♪い~まは夜中の3時ころ~(^0^)

Dsc00176
国道16号沿いに煌々とあかりが灯る。
こちら、朝5時まで営業。超々朝ラーメン。驚くなかれ!八王子とは言えさすが東京。
まだまだ宵の口?若い人が街を闊歩している。路地に入り車を止める。

Dsc00178
「いらっしゃいませ!」
若いスタッフ3人の元気な声に迎えられた。
先客はこの時間に何と5人!後客もあり夜はこれから?
食券制。
長浜ラーメンだけでなく、味噌やらつけめんやらいろいろなメニュー。客のニーズか?
以前何回かお世話になっている。デフォの「長浜ラーメン」ポチる。
こちら、デフォでは柔め。ゆえに「バリカタで」とお願いした。

Dsc00179

店内はカウンター。そしてテーブルが数卓置かれる。
適度に汚れた店内が歴史と繁盛ぶりを裏付ける。5分後、着丼であった。

Dsc00184
長浜ラーメン(バリカタ) 600円

Dsc00185
白い丼面に黒や緑が映える。

Dsc00186
結構アブクが浮き、粘度高めな白濁スープ。
口に含んで思わず「あれ???」なかなかしっかりした魚介の甘み。豚骨魚介?
以前は豚クサだったが・・・こちら同様になったのか?
塩分はちょっと高めクドメ。それは長浜ラーメンが替え玉前提の、二玉めで丁度よくなるように配慮したもの。
長浜ラーメンをしっかり理解しているこちらに感心。

Dsc00187_3
こちら、デフォでは柔め。ゆえに「バリカタ」で普通、あるいはカタメな食感。
かん水少なめ、加水少なめで粉っぽさいっぱい。小麦の風味と甘みいっぱい。
ブリブリ、ザクザクな食感。塩分高めのスープと相まって絶妙な味わい。
絡みつくネギがさわやか。

Dsc00188
醤油色浅めのチャーシューはバラ巻き。ちょっとパサだが細かい事は気にしない。
粘度あるスープが絡み、ほんのり染みこむ醤油に融合。

Dsc00189_2
キクラゲ。スープを掬って一緒にパクッ!コリコリ~

Dsc00180
卓上には味変えアイテムが並ぶ。
本来、長浜市場で働く忙しい人用に作られたラーメン。
ベースのラーメンを出し「後は勝手に味付けて食ってくればい」であろうか?
博多長浜ラーメン屋に紅生姜が置いてあるのは、豚骨スープにカツを与える為か?
自分も紅生姜投入。

Dsc00181
Dsc00190
壁にはこんな色紙がいっぱい・・・
7玉がひとつのハードルか?こんなお店からのお願いがあった。

Dsc00191
しかし急ぐ旅。しかも朝5時半のラーメンが待っている。替え玉せずに席を立つ。

こちら、かつて群馬の話題店だった店の店主が立ち上げたという説もあるが真偽不明。

気軽なラーメン、気軽な価格。これこそラーメンの真髄ではないか?
ラヲタはあ~だこ~だとラーメンを語るが・・・気軽でいいと思う。

腹ふさぎラーメン、飲んだ後の〆ラーメンに最適。大いにお勧めである。

Dsc00182
トッピングもワンコイン(100円)。楽しむべし。

Dsc00194
「八王子」とはいえ地代高い東京・・・駐車場を確保してくれるのはありがたい。

Dsc00192
実質、17時間30分営業はありがたい。

Dsc00177
Dsc00193
長浜らーめん 八王子店

東京都八王子市万町32(地図)

TEL 042-624-6374

営業時間 11:00~翌5:30

定休日 年中無休

席数 カウンター10席 テーブル4卓

喫煙 可

駐車場 あり(5台)

ホームページ http://www.nagahama-ramen.com/

交通アクセス 国道16号を川越から横浜方面へ走行。「左入橋」信号を八王子バイパスに行かず直進、八王子市街方面へ。「八幡町」信号左折。三つ目の「八日町」信号右折。踏み切りを越えて約500m先左手。

« めん処 藤堂@静岡県三島市 | トップページ | 日本台湾祭りin上野@東京都台東区 »

東京のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61878386

この記事へのトラックバック一覧です: 長浜らーめん 八王子店@東京都八王子市:

« めん処 藤堂@静岡県三島市 | トップページ | 日本台湾祭りin上野@東京都台東区 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ