« 栄屋 本店@山形県山形市 | トップページ | そば処 ちとせ@山形県山形市 »

2015年8月 9日 (日)

らぁめん 赤星 16@埼玉県深谷市

日本でも有数の暑さを誇る熊谷市の隣に位置する。

Dsc08608
埼玉県北では珍しい冷しラーメンを提供するこちら。
営業時間終了近くの21時半頃到着。

Dsc08612
「いらっしゃいませ~」
いつもにこやかなママさんに迎えられた。

Dsc08613
メニュー拝見。
夏季限定の「冷しメニュー」はこちら。
冷し和そば。そして冷しらぁめんは醤油。そして冷しには珍しい「塩」を置く。
冷しらぁめん「塩」をお願いするが・・・もう一つ「麺と汁を別皿で」と無理なお願い。
店主苦笑。しかし了解頂いた。深谷のおいしい水を飲んで待つこと10分。着丼であった。

Dsc08614
冷しらぁめん・塩(別皿で) 800円

Dsc08617
麺と汁を別々に・・・と言ったら、ご丁寧にトッピングまで別皿にしてくれた。
見るからに涼しげ。

Dsc08615
氷の浮くスープはキンキン。
わずかな濁りは鶏のうまみ。そしてこちらの主張である煮干感しっかり。

Dsc08616
細縮れ麺は冷水に〆られコリコリ。

Dsc08618
Dsc08619_3
では・・・トッピングを汁にバサッ!輪切りレモンを絞り込み、麺をザバッと漬けて頂く。

Dsc08620
低温で処理されたピンク豚は冷ししゃぶしゃぶの如し。ジワッとうまみが滲む。

Dsc08621
ほんのり甘めの穂先メンマは、冴えた塩味の舌休めになろう。

Dsc08622
氷が溶ける事、そして冷たくて味覚が鈍る事、夏場汗をかく事を予想して塩分は高め。
それがいい感じにインパクト。薬味のネギをかじる食感もいい。
麺量はデフォの130gだが、若干食欲が落ちる時期なのでいいかな?

ザルそばを食ってるような清涼感と軽快感あり。頭と胃袋冷え冷え・・・

「これ出したら?」と店主に言うと「ちょっと手間が掛かりまして・・・忙しい時はNG」と・・・
しかし優しい店主、やってくれるかも知れない。「別皿で」と言ってみる価値はあると思う。

Dsc08624
らぁめん 赤星

埼玉県深谷市西大沼344-17(地図)

TEL 未確認

営業時間 11:30~14:30(土日11:30~15:00) 18:00~21:00(金土18:00~22:00)

定休日 木曜日 第二、第四水曜日

席数 カウンター7席 小上がり2卓

喫煙 11:30~14:30禁煙

駐車場 あり(店前3台)

交通アクセス 国道17号線を本庄より熊谷方面走行。「ボートピア岡部」を過ぎて右方面「深谷市街」方面へ。左手の「ラーメンあじ平」裏。「ファミリーブック大沼店」隣。

« 栄屋 本店@山形県山形市 | トップページ | そば処 ちとせ@山形県山形市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62045508

この記事へのトラックバック一覧です: らぁめん 赤星 16@埼玉県深谷市:

« 栄屋 本店@山形県山形市 | トップページ | そば処 ちとせ@山形県山形市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ