« 青竹食堂@山梨県韮崎市 | トップページ | とんこう 2@福島県喜多方市 »

2015年9月25日 (金)

麺屋 あびる@神奈川県平塚市

国道129号沿いに佇む。

Dsc09467
本場(横浜ではなく湘南だけど)の家系ラーメンを食してみた。
時間は中途半端な16時半ころ。駐車場があるのがうれしい。入店。

Dsc09449
まずは入口にある券売機に現金投入。
最初から「家系ラーメン」と決めていたが、つけめんやまぜそばなかなかヴァリェーション豊富。
「家系醤油ラーメン」のボタンをポチる。

Dsc09453
「いらっしゃいませ」
若い男女の店員に迎えられた。
さすがにこの時間でラーメンを食う奴は自分くらい。カウンターに着席した。

Dsc09454
Dsc09455_2

Dsc09452_3
食券を渡すと「お好みは?」と聞かれた。
家系は麺の硬さ、味の濃さ、脂の量を指定できる。いつもの「脂多め」でお願い。

家系のお店は若い店員が多く活動的。8分後、湘南美人の手によって着丼であった。

Dsc09456
家系醤油ラーメン 730円

Dsc09458
茶濁したスープは透明感まるで無し。脂多めは5㎜ほどの鶏油(チー油)の被膜を作る。

Dsc09459
熱ちっ!油は結構温度高め。ふーふー・・・木のレンゲが唇に優しい。
看板の「濃厚」はダテじゃない。豚骨の髄を挽いて粉にして、ダシで溶いたような濃厚さ。

Dsc09461
家系ならではの、しっかり圧縮された感じの太麺は噛み応えあり。
硬さ普通でもしっかり硬い。濃厚なスープにしっかり対抗。

Dsc09462
チャーシューはダシがよく出る赤身多い部分。
スープと一緒に掬って噛む。なかなか一体感あり。

Dsc09463
ともすればしょっぱめな感ある家系。あるいはルーツがラーショだからか?
栄養場rンス考慮&舌休めのほうれん草が甘い。

Dsc09464
家系ラーメンに刺さる海苔は、少々ではへこたれないバリッとした物。これが3枚載る。
得意の海苔巻き麺が3回できる。コンビニのおむすびの如し食感。

Dsc09460
丼の縁にこんな物が・・・豆板醤。かなり辛めでインパクト。

Dsc09451
ほかにも卓上に酢や醤油やラー油や胡椒やおろしニンニクあり。
味替え自由もラーショ譲りと思う。ちょっとだけ、ニンニク投入・・・

Dsc09465
最初は熱や油にスポイルされていたが・・・最後の方ではかなり塩分きつめ。
スープを少し残してごちそうさま。

実はこちらの隣は山岡家、その隣はリンガーハットと、ラーメン屋が3軒並ぶ激戦区。

さすが本場。しょっぱくて濃厚。口の中ペタペタ。大いにお勧めである。

Dsc09446
次回はつけ麺を・・・と思う。
Dsc09466
麺屋 あびる

神奈川県平塚市東真土2-8-1(地図)

TEL 0463‐59‐9957

営業時間 11:00~翌5:00

定休日 年中無休

席数 カウンター10席 テーブル7卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道129号を江の島から厚木方面に走行。「東真土二丁目」信号超えて約150m先左手。

« 青竹食堂@山梨県韮崎市 | トップページ | とんこう 2@福島県喜多方市 »

神奈川のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62294222

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 あびる@神奈川県平塚市:

« 青竹食堂@山梨県韮崎市 | トップページ | とんこう 2@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ