« 大黒庵 本店@神奈川県平塚市 | トップページ | らーめん 鈴家@群馬県前橋市 »

2015年9月16日 (水)

山岡家 相模原店@神奈川県相模原市

国道129号沿いに佇む。

Dsc09637
年中無休、24時間営業のコンビニラーメン。
神奈川からの帰りは朝6時ころ。朝飯代わりに寄りこむ。

Dsc09638
「いらっしゃいませ」
朝早くから元気な、若い黒シャツの男性二人に迎えられる。先客なしですがすがしい。
食券制。そして・・・

Dsc09639
「時間限定」朝ラーメンのボタンをポチり、カウンターに座りしな食券を差し出す。

Dsc09641_2
「お好みは?」と聞かれる。おお、こちら家系インスパイア。「脂多め」をオーダー。

Dsc09640
豚臭が漂う店内は、それでも磨かれてピカピカ。レイアウトはどの店も同様な感じ。
6分後「お待たせしました~」という声と共に着丼であった。

Dsc09643
朝ラーメン(脂多め) 400円

Dsc09646

白濁したスープに、香ばしい白ゴマと万能ネギがパァッと浮く。

Dsc09648
粘度低めでシャバなスープ。ストレートな塩味でキレがある。
わかりやすい豚骨のうまみはくっきり。澄んだラードがキラキラ光る。

Dsc09650
麺はラーショ。あるいは九州ラーメンのような細め。わずかにウェーブ。
加水少なめでちょっと硬め。パツパツした食感でサバサバ啜りこむ。
小麦の甘みと風味と、塩気強い豚骨のうまみが融合。

Dsc09651
チャーシューは赤身。ダシを取られたダシガラに、ほんのり甘めの味付け。
スープと一緒に掬って噛むとなかなか美味。

Dsc09644
海苔に載ったねり梅。
ラーメンに梅?と言いなさるな。なかなかの優れもの。
スープに溶き交ぜる。豚骨スープの中から覗く梅の酸味が不思議な味わい。

Dsc09642
卓上には、味替えグッズもそろう。やはりこの手のラーメンはニンニクが似合う。

Dsc09653
麺量およそ120g。朝から頂くにいい分量。ごちそうさまでした。

山岡家は北海道に端を発するチェーン店。数年前に急激に関東に増殖。
家系スタイルでファン多いお店。加えて「開いててよかった」の安心感。

「早起きは三文の得」の言う。
早起きすればリーズナブルな朝ラーメンにありつける。大いにお得&お勧めである。

Dsc09654_2
Dsc09655
山岡家 相模原店

神奈川県相模原市中央区上溝4089-2(地図)

TEL 042-762-7010

営業時間 24時間営業

定休日 年中無休

席数 カウンター13席 テーブル3卓 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり

ホームページ https://www.yamaokaya.com/

交通アクセス 国道129号を厚木から八王子方面へ走行。「田名赤坂」信号超えて約100m先左手。

« 大黒庵 本店@神奈川県平塚市 | トップページ | らーめん 鈴家@群馬県前橋市 »

神奈川のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

【端を発する】は物事の始まりをいう言葉らしいですよ?
北海道に端を発するというと、北海道が第1号店のように捉えられますが?
https://maruchiyo.yamaokaya.com/company/history
山岡家の歴史を学んでから偉そうなことを語ってください。

いらっしゃい。

「 札幌市中央区南2条西1丁目6番地に(株)山岡家(資本金10,000千円)を設立し」まで読みました。
ここが「端」ですね(^^)

おはようございます。
グンマーに来て,一時期(ってか結構長い間)この朝ラーメンにはまってました。
この味に慣れると,ノーマルな醤油,塩,味噌がコスパ的に劣る様な気がして…
どなたも書かれてないので私の舌がおかしいのでしょうが,朝ラーメンも含めて山岡家さんのスープは生姜が効いている気がしてるのですが…,きっと勘違いでしょうね。
それにしても繁華街でもない場所で24h営業ってのも凄いと感じます。

››さんぷぅ さん

いらっしゃい。
太麺がデフォの山岡家。しかし朝ラーメンは専用?細麺。
そして、安いからと言って貧相ではありません。
山岡家が、いかにこれに力を入れていることがよくわかります(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62249730

この記事へのトラックバック一覧です: 山岡家 相模原店@神奈川県相模原市:

« 大黒庵 本店@神奈川県平塚市 | トップページ | らーめん 鈴家@群馬県前橋市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ