« とんこう 2@福島県喜多方市 | トップページ | そば処 かじか@栃木県日光市 »

2015年9月30日 (水)

いそべ食堂@福島県喜多方市

国道121号を隔てた、市街地から遠く離れたところに佇む。

Dsc09512
開店は11時。開店時間丁度に到着。が・・・ノレンが出ていない。
前を掃いていた喜多方美人に「いいですか?」と尋ねる。
にっこり笑って「どうぞ」と迎えられた。

Dsc09513
「いらっしゃいませ」
奥にもう一方、妙齢の喜多方美人に迎えられた。さっとお冷がサーブされた。
テーブル、カウンター、小上がりあり気兼ねない店内。これも喜多方ラーメンの魅力か?
テーブルに着席した。

Dsc09516_2
Dsc09517
メニュー
やっぱりラーメンが上に来るが・・・カツ丼が名物の会津が近い事もあってカツ丼。
定食やカレー、チャーハンなどご飯物。
さらに半チャーハンや半カレーなど「半メニュー」あり。

最近、喜多方の味噌ラーメンに興味津々。
こちらでも人気メニューと聞くみそラーメンをお願いした。

中華鍋が焦げる匂い。ニンニクが焦げる匂いがしてくる。辛抱たまらん!
しかしなかなか出てこない。実は出前が多い模様だ。年配の男性が出前を持って出てゆく。
12分後、ママさんから丼を差し出された。

Dsc09518
みそラーメン 700円

Dsc09520
乳化したスープに、細かな油がぽつぽつ浮く。色とりどりの野菜やコーンが鮮やか。

Dsc09521
あちちちち・・・
タンメンと同じ技法で、具材を炒めた鍋に、ダシをを投入するやり方であろう。
そうすることによって具材にダシの味が染み、ダシに具材のうまみが溶け込む。
白味噌とガラ感と煮干しもあるかな?ほんのり甘めの味わい。

Dsc09525
麺は多加水の定番「喜多方麺」。
いく分柔め。しかしもっちりシコシコ。ちょっとこってりなスープを引っ掛けて啜る。
とは言え、熱々のため火傷しそう。ご用心。

Dsc09524
具はモヤシ、キャベツ、きくらげ、そしてコーン。
一緒に挟んでパクッ!シャキシャキポリポリ。コーンが甘い。

Dsc09525_3
そこに麺を挟んでみる。いろいろな食感で、思わず口の中がオーケストラ。

Dsc09526
最近のラーメンと違って押しつけがましさ一切なし。スープを残してごちそうさま。
後客は家族連れ。店員との会話から地元民であろう。アットホームな雰囲気。

喜多方ラーメンと言えば、蔵のある街中の店ばかりに目が行くが・・・
郊外にある店も、素朴な喜多方ラーメンのもう一つの姿であろう。大いにお勧めである。

Dsc09528
Dsc09530
いそべ食堂

福島県喜多方市熊倉町熊倉宮西1557-5(地図)

TEL 0241‐22‐1870

営業時間 11:00~14:00

定休日 不定休

席数 カウンター2席 テーブル3卓 小上がり2卓

喫煙 可(灰皿が見えました)

駐車場 あり

交通アクセス 国道121号を会津若松から米沢方面へ走行。バイパスに入り二つ目の信号を「熊倉」方面へ右折、県道337号へ。約3,000m先、熊倉小学校、熊倉郵便局手前左手。

« とんこう 2@福島県喜多方市 | トップページ | そば処 かじか@栃木県日光市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62333721

この記事へのトラックバック一覧です: いそべ食堂@福島県喜多方市:

« とんこう 2@福島県喜多方市 | トップページ | そば処 かじか@栃木県日光市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ