« 松一食堂@群馬県安中市 | トップページ | お食事処 鳥岩@群馬県邑楽町 »

2015年9月 7日 (月)

森田屋 総本店@栃木県佐野市

ご当地ラーメンの雄・佐野ラーメンの人気店。

Dsc09390
到着は11時15分頃・・・
うおっ、すでに満席&20人ほどの行列(雨で右手にある屋根のある喫煙所にもお客さん)・・・
以前、二度伺ったが、仕事中の平日のため、ここまで混んでなかった。行列にジョイント。

Dsc09404
少しづつ行列が進む。結構団体で来る人が多い模様。ゾロゾロッと退店。
15分ほどで店内へ・・・ダッダッダッと音がする。入口の麺打ち場で、男性二人が麺を打つ。

Dsc09400
メニュー。
中華そばとチャーシューメン。それぞれの大盛。なかなかシンプル。

Dsc09398
こちら前金制。注文と同時にお金を払う。
スタッフは麺打ち場の男性二人。厨房は男性二人、女性一人。配膳は佐野美人5名。
年配の佐野美人にチャーシューメンをお願い。
1,000円札を出すのを予測したかの様なお釣り。空いたテーブル席に着席。

あい次ぐ客に提供が間に合わない。
今か今かと待ち望む。あれが自分のか・・・と思いつつ他の客のもとへ提供される。
約25分後、有村架純似の佐野美人によって着丼であった。

Dsc09409
チャーシューメン 850円

Dsc09412
丼の縁近くまで、なみなみスープが入るのが佐野ラースタイル。

Dsc09414
醤油色浅め。油がポツポツ浮く程度のアッサリ味。
ほんのりガラ感、生姜感。ほのかな甘みは煮干?それとも化調?
カエシはチャーシューの煮汁と推測。誰でも心和むほどの優しい味わい。

Dsc09416
麺は説明不要の、佐野青竹打ちの幅広平打ち麺。
表面の、青竹を転写した滑らかな食感。麺切りの際のささくれた、ざらっとした食感。
結構圧縮され、シコッという角のある食感。モチッとクタッとした、うどんライクな食感。
意図した物ではないだろうが、こんなバラエティに富んだ食感が佐野ラーメンの売り。
Dsc09417
チャーシューはバラ。ダシを取られた物をカエシに漬けられた物と推測。
ギュッと噛むと、豚のうまみとカエシのうまみが滲み出して口中に広がる。
昔ながらの中華そばの味わい。これが5~6枚。

Dsc09419
メンマは甘み強め。しかし決して人工的ではない竹の甘み。

Dsc09420
かつて自分は東毛(群馬県東部)で仕事。
東毛&佐野ラーメンの青竹打ちを毎日のように頂いた。

最初は「何だよっ、この力の入らないヘロヘロ麺はよっ」と思っていたが・・・
頂くうちに、この麺の食感が癖になっていた。虜になっていた・・・

今は高崎に戻ってしまったが、思い出すたび無性に食いたくなる。

ご当地ラーメンの雄・佐野ラーメンの人気店。大いにお勧めである。

Dsc09422
そして・・・こちらと並んで佐野ラーメンの人気店だった「とかの」
自分は二度訪れた。レトロで素朴感いっぱいのお店だったが・・・2014年12月閉店。

「惜しくも」とは言わない。しかし、心より「お疲れ様でした」と・・・

Dsc09391

Dsc09421
森田屋 総本店

栃木県佐野市堀米町70(地図)

TEL 0283-22-2318

営業時間 11:00~14:00 15:30~19:00

定休日 水曜日

席数 テーブル3卓 小上がり22卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道50号を前橋から水戸方面へ走行。「植木町」の次の信号先の立体交差を下り「高萩」信号左折。県道16号「」佐野・田沼線」を田沼方面へ。「浅沼町」信号を越え、両毛線の陸橋を越えた先の「堀米町」信号左折。一つめの信号越えて約200m先左手。

« 松一食堂@群馬県安中市 | トップページ | お食事処 鳥岩@群馬県邑楽町 »

栃木のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62193342

この記事へのトラックバック一覧です: 森田屋 総本店@栃木県佐野市:

« 松一食堂@群馬県安中市 | トップページ | お食事処 鳥岩@群馬県邑楽町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ