« 担々麺のおみせ@福島県会津若松市 | トップページ | ラーメン二郎 新潟店@新潟県新潟市 »

2015年10月16日 (金)

おおぎやラーメン 高崎石原店 2@群馬県高崎市

季節限定メニュー登場(^0^)

Dsc09908_2
以前は、ファミレスチックな建物だったがウッド調に改装された。
ラヲタは、夜中に突然ラーメンが食べたくなるもの。
そんな中、夜遅くまでやってるこちら。夜11時半ころ訪店。

Dsc09910
Dsc09914
「いらっしゃいませ~」
この時間でも元気な男性店員二人、上州美人一人のあいさつに迎えられた。
時間的に、酔っ払いの団体さんがご機嫌よろしく大きな声。カウンターに着席した。
きれいに磨かれたカウンターは、電灯の光を受けて輝く。

Dsc09911

Dsc09915_2
Dsc09912_3

Dsc09916_2
メニュー
おおぎや全店の定番メニューは元より、フランチャイズ故の店限定メニューも用意。
憩いの場としてアルコールのお供も多く備える。

Dsc09909
今回の目的はこれ。多くのおおぎやの前を通るたびに気になっていたメニュー。
数量限定との事だったが・・・店員に聞くと「はい、できます」との事。ラッキー!
待つこと12分。酔っ払いさんが次々オーダーするので厨房大忙し。着丼であった。

Dsc09918
きのこラーメン 700円

Dsc09921
結構シンプルな丼麺。表面は油層とスープの二重構造。
パアッとかかる刻みネギや万能ネギが鮮やか。

Dsc09923
あちちちち・・・結構油温度は高め。そして香ばしい匂いが立ち昇る。ゴマ油かな?
そしてその奥から、けんちん汁風田舎味な甘みが顔を出す。ほんの少しとろみを感じた。

Dsc09926
麺は、ほかのメニューと共通であろう、わずかにウェーブする細麺。
啜り心地滑らか。頼りなげに見えて、実はシコッと一本芯が通る上州女のごとき食感。
誰が食べても文句の出ない仕上がり。人気の理由であろう。

Dsc09927
きのこはシメジ、マイタケなど。
プリッとした噛み応え、鼻腔に広がる芳醇な香り。そこに絡まるスープのうまみ。
秋。そして群馬の田舎の素朴さいっぱい。

Dsc09928
もちろん貧しさなく、豚バラもこんなに入る。なんとなくうま煮風。そして・・・

Dsc09929
おおぎやと言えばサービスライス。東北の銘柄米と聞く。
汁(あえてスープと言わない)を飲み飲み。ご飯食べ食べ・・・日本食の味わいですなぁ。

Dsc09930
こうやって麺と具を一緒に頂き、ご飯を掻っ込むのも快感。
あるいは、〆ライス入れて、おじやにしてもいいかも?(ヴァイスさん風)

Dsc09931
ふーっ、700円でかなりおなかがきつくなった。ごちそうさまでした。

実は群馬はきのこの産地。榛東村や大胡町、南牧村などの農村部ではきのこ栽培が盛ん。
きのこラーメンは地産・地消かも?

出来うればもっと田舎で、民芸調の店舗で、鉄鍋(土鍋でも可)風の器で、半纏着た女性店員が配膳してくれれば最高なんだが・・・まあそうも行くまいが・・・

秋深し 隣もラーメン 食ふ人ぞ

秋のおおぎやのきのこラーメン。大いにお勧めである。

Dsc09917
Dsc09906_2
おおぎやラーメン 高崎石原店

群馬県高崎市石原町1467(地図)

TEL 027-328-8877

営業時間 11:00~24:00

定休日 年中無休

席数 カウンター6席 テーブル5卓 小上がり2卓

喫煙 可

駐車場 あり(10台位)

ホームページ http://www.oogiya.com/index.html

動画 https://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 国道17号を埼玉県から前橋方面へ走行。「下之城町」信号の三つ先の「城南大橋」信号を左折、一つ目の信号右折。一つ目の信号手前右手。

« 担々麺のおみせ@福島県会津若松市 | トップページ | ラーメン二郎 新潟店@新潟県新潟市 »

おおぎやラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62482595

この記事へのトラックバック一覧です: おおぎやラーメン 高崎石原店 2@群馬県高崎市:

« 担々麺のおみせ@福島県会津若松市 | トップページ | ラーメン二郎 新潟店@新潟県新潟市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ