« 横浜家系ラーメン わだい家 総本店@群馬県高崎市 | トップページ | 食堂 大和@岐阜県関市 »

2015年10月28日 (水)

レストハウス 岩門@岐阜県関市

鮎の里・板取川のほとりに佇む。

Dsc09791
こちら朝6時半から開店で朝ラー可能。
国道から川に沿った県道を走る事十数キロ。10時ちょっと過ぎに到着。

Dsc09799
Dsc09798
「いらっしゃ~い」
ご夫婦と思われるにこやかな年配の男性と、年配の、ちょっと派手な濃姫に迎えられた。
先客は二組4名。常連さんであろう。お店の人と世間話。テーブルに着席。
店内はラーメン屋というより、よくある昔からやってる峠の喫茶店といった雰囲気。

Dsc09794
Dsc09795
メニューにも鮎が飛ぶ。
「ちょっと一息」「小腹へったな」で立ち寄る人も多いだろう。価格も1,000円を超えない。
その中「名物味噌ラーメン」の文字が目に入った。こちらをお願いした。

オペはママさん担当。鍋を煽る軽快な音が聞こえる。10分ほどで着丼であった。

Dsc09804
味噌ラーメン 700円

Dsc09805
もうもうと湯気が上がる。
すり鉢に入ったそれはなかなかのボリューム。中央の豆モヤシが鮮烈。

Dsc09807
茶濁したスープに、乳化した油が霞の如くたなびく。
ベースは赤味噌。味噌と醤油の中間のような味わいはコク深い。
色は濃いがしょっぱくなく、おそらく一緒に投入された具の甘みが染み出している。

Dsc09810_2
味噌ラーメンとしては細目の麺。
しかし、しっかり強靭で、重い野菜の下から引っ張り出してもへこたれない。
啜って唇で噛みきるとプリプリと気持ちよく切れる。

Dsc09811
メニューに地場産の野菜と書いてある。白菜やニラ、タマネギ。そして豚コマ。
スープと一緒に加熱されたと思われ、味噌スープが染みこみ、具のうまみと調和する。

Dsc09808
そして・・・豆モヤシが載る。これは豆モヤシだけで茹でられた物。栄養豊富。そして・・・

Dsc09812
サービス?のライス。
店主が「あんまり見ないナンバーだね?どこから?」と聞かれたので群馬から来たことを告げた。遠くから来たことのお駄賃か?
岐阜の米は群馬ではマイナー。ハツシモくらいしか知らないが、あっさりな味わい。

Dsc09813
そしてこちらもサービス。この界隈はキウイの里でもあるらしい。

Dsc09814
ボリュームあるラーメン+ライス+デザートでおなかも心も満足。ごちそうさまでした。

Dsc09802
ラーメンと並んで、こちら「岩門嬢」と呼ばれる名物ママ・都筑玲子さん。
撮影を申し込むと快諾された。店主に、自分とママさんのツーショット写真もお願い(^0^)

饒舌なご夫婦。とても居心地いいアットホームな雰囲気。ファンも多いと思われる。

高崎から300キロ以上、下道で6時間半・・・
しかしその疲れた体も心も癒されるラーメンとお店の人柄。大いにお勧めである。

Dsc09831
店の裏を流れる板取川。落ち鮎を狙う鮎釣りたち。早朝より営業は釣り人のためかも?

Dsc09793
Dsc09790
レストハウス 岩門

岐阜県関市洞戸黒谷223-1(地図)

TEL 0581-58-2240

営業時間 6:30~18:30

定休日 水曜日

席数 カウンター4席 テーブル7卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道156号を関から郡上市方面へ走行。「曽代」信号左折、橋を渡り右折。県道81号を道なりに走行。約13㎞先左手。

« 横浜家系ラーメン わだい家 総本店@群馬県高崎市 | トップページ | 食堂 大和@岐阜県関市 »

岐阜のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62461381

この記事へのトラックバック一覧です: レストハウス 岩門@岐阜県関市:

« 横浜家系ラーメン わだい家 総本店@群馬県高崎市 | トップページ | 食堂 大和@岐阜県関市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ