« ラーメンショップ 矢吹店@福島県矢吹町 | トップページ | レストハウス 岩門@岐阜県関市 »

2015年10月26日 (月)

横浜家系ラーメン わだい家 総本店@群馬県高崎市

またも群馬に家系ラーメンのお店(^0^)

Dsc00843
2015年6月開店。以前おおぎや貝沢店があった所。
「うおっ、こんなお店があったのか!」と、ついついハンドルを切ってしまった。

Dsc00861
入店は11時半頃。「いらっしゃいませ~」元気な上州美人に迎えられた。
内装は今風ラーメン屋のウッド調。カウンターに着席。
店員は若い男性一人、上州美人一人の二人体制。
Dsc00850_2
Dsc00851
Dsc00852
メニュー
家系と銘打つが、魚介つけめんた鶏そば、まぜそば。味噌や普通の中華そばや坦々麺。
サイドメニューやランチサービスもあり。ラーメン専門店にありがちな不自由さもなし。
家系によくある食券制ではなく後払い。

※ 価格は税別

Dsc00857
もちろん家系。味の濃さ・麺の固さ・脂の量はお好みで・・・
上州美人に、家系塩ラーメンを脂多めでお願いした。

Dsc00863

Dsc00862_3
さらに・・・ほうれん草&漬物無料サービス!
つまり家家によく見る「ほうれん草マシ」はこちらでは無料。たくあんをかじりながら待つ。
オペは、スープを小鍋に取り、一杯づつ温めるやり方の模様。

Dsc00855
この時間でもそこそこの客入り。男性店員がラーメン作りから餃子焼きと忙しげ。
もう二人は店員が必要であろう・・・と思ったら、11時45分ころ二人増員。
同じ頃「お待たせいたしました~」と着丼であった。

Dsc00865
家系塩ラーメン・脂多め 700円(税別)

Dsc00867
普通ならとぐろを巻くような鶏脂でろうが・・・見当たらない。よく攪拌されているのか?

Dsc00869_2
かなりきめ細かい感じのスープ。鶏白湯といわれてもわからない感じ。
塩気穏やか。家系にありがちなクセはなく親しみやすそう。

Dsc00870_3
麺は、家系としては少し細めであろうか?しかしぎゅっと圧縮された感じで小麦のうまみが詰まる。
結構弾力、歯応えありで食べていて楽しい。油のおかげで啜り心地滑らか。

Dsc00871
チャーシューは長いバラ肉。カエシに漬けられ、外側が炙られる。結構甘辛な味わい。

Dsc00873
甘みいっぱいのほうれん草はスープで味付けられる感じ。マシたければセルフで・・・

Dsc00874
そして最後はお得意の・・・家系は海苔が三枚添えられるので、三回できます。

Dsc00864
もちろん家系。味変えアイテムも卓上に並ぶ。
Dsc00875_2
普通の家系だと、最後の方はしょっぱく、油っぽくなって飽きてくるが・・・
こちらは最後まで穏やか。おいしく頂けた。ごちそうさまでした。

お勘定時、どこかで修行したのか聞くと、特に家系で修行したわけではなく自己流との事。

確かに家系にあるべきワイルドさは少なめ。どちらかというと上品ささえ感じる。
「こんなの家系じゃねー」という意見もあるだろうが「食べやすい」という意見もあるだろう。

賛否両論のこちらのラーメン。あなたはどう感じるか?大いにお勧めである。

Dsc00877_2
「総本店」とあるが・・・実はこちらが一店舗目だそうだ。

Dsc00844

Dsc00845_2
横浜家系ラーメン わだい家 総本店

群馬県高崎市貝沢町747-3(地図)

TEL 027‐395‐0501

営業時間 11:00~24:00(LO23:30)

定休日 年中無休

席数 カウンター8席 テーブル6卓 

喫煙 不可

駐車場 あり

ホームページ http://wadaiya.jp/

交通アクセス 国道17号を埼玉から前橋方面へ走行。「緑町」信号右折。JR高崎線をまたぐ陸橋を超えた「貝沢町」信号右折。一つ目の信号を過ぎて約50m先右手。

« ラーメンショップ 矢吹店@福島県矢吹町 | トップページ | レストハウス 岩門@岐阜県関市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

ラーショ記事の次に家系・・・昔を思い出しました。(感謝)
私は昭和58年埼玉県籠原(現深谷市?)での初ラーショに驚き(旨クドショッパー)、
友人がネギラーメンとライスにはまる中、私は、チャーシューメン一本槍でした。
昭和64年神奈川県厚木市で家系を初体験・・・旨&アブラー&ショッパー!でした。
当時私は自分の認識する中華そばとは「別ジャンル」と差別化して食を楽しんでい
ました。(博多トンコツや長崎チャンポンも「別物」として楽しみました。)

当時の方が塩分的にしょっぱかったと思います。
今の方が低塩かつ油過多で「マイルド」に感じます。なので家系で私は、「油少な目、
味濃い目」で注文してます。(笑)・・・

今回記事のお店「家系」にこだわりながら、メニューにつけ麺やまぜそば等々がある辺り・・・
「時代」?・・・日々変化ですかね?(苦笑)

毎回楽しくブログを拝見させていただいてます
よかったら景勝軒前橋総本家のアブラもりそばを1度食べてみてください、物凄いアブラの量のスープがとても美味しかったです。

››トトゴン さん

いらっしゃい。
自分が初めて頂いたラーショは、昭和58年に群馬県藤岡市のお店。
なんか濁ったような豚骨スープはうまいような?うまくないような?
しかし妙に後引く味。首をかしげながらも、翌日もう一回行った覚えがあります。
家系は10年ほど前、高崎家というお店。はっきり言ってガツンとしょっぱいスープ。硬い麺。
食べる人にケンカを売るようなワイルドなラーメンでした。
自分は逆に「味薄目」で頂き、ダシのうまさを堪能してます(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62456869

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜家系ラーメン わだい家 総本店@群馬県高崎市:

« ラーメンショップ 矢吹店@福島県矢吹町 | トップページ | レストハウス 岩門@岐阜県関市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ