« たんぽぽ亭 2@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメンショップ 矢吹店@福島県矢吹町 »

2015年10月21日 (水)

ラーメン処 蔵美@福島県喜多方市

喜多方のメインストリートに佇む。

Dsc00748
商店街に並ぶにふさわしいイデタチ。この界隈は古くから商店が並んでいたと思われる。
こちらもそんな雰囲気が残る。裏の駐車場に車を入れ、11時ころ入店。

Dsc00755_2
「いっらしゃいませ」
二人の喜多方美人に迎えられた。スカーフとエプロンが似合う。テーブルに着席する。

Dsc00754
メニュー
しょうゆ、みそ、しおとそろい踏み。喜多方ラーメンは醤油だけではない。
しおは特に「健康ごまらーめん」と手が込んでいそう。で750円は安いのではないか?
しかし、まず最初デフォはお店に対する礼儀。らーめんをお願いした。

Dsc00756_2
Dsc00760_2
小ざっぱりした明るい店内。来店者のサインが貼られる店内は喜多方ではよく見る光景。
10分ほどで着丼であった。

Dsc00763
らーめん 650円

Dsc00766
表面には大粒の油が浮く。コーティングで冷めるのを防ぐ意味もあるだろう。
その奥に、澄んだ金色のスープ。

Dsc00767_2
喜多方ラーメンは「あっさり」というイメージがあるが・・・意外に「こってり」なのである。
あちちちち・・・スープの温度が油を熱し、その熱い油が唇を焼く。
ほのかなガラ感と、煮干しの甘みのハーモニー。これぞ自分の喜多方ラーメンのイメージ。
そしてこちらはそのイメージ通り。

Dsc00768
毎度おなじみの喜多方麺。
モチモチシコシコで「これぞラーメンの醍醐味」とつぶやきたくなる。
若干硬め?でアルファー化していない小麦の粉っぽさが香る。
ちょっと甘み強いスープを受け止め、そして融合っする。

Dsc00770
チャーシューは、これも喜多方ラーメンのイメージ通りのバラ。
ダシを取ったダシガラをカエシに漬けてあるのだろう。赤身をかじるとカエシが滲む。
熱いスープで脂部分はトロットロにとろける。

Dsc00771
さっくりな歯触りが気持ちいいメンマ。味付け浅めで竹のうまみ滲む。
麺と一緒に頂くとなかなか趣き深い。

Dsc00765
喜多方では、一品サービスされる事もしばしば。

Dsc00772
ただでさえ人情味厚い喜多方ラーメンの味。さらに女性が作るとやさしさが加味される。
最後まで頂きたかったが、健康診断の結果が思わしくないのでごちそうさま。

最近、喜多方ラーメンに緩やかな変化が見られると思う。
昨今のラーメンは、素材やスタイルなど、かなり「ラーメン」からかけ離れている。
喜多方も、そんな進化に乗り遅れまいと必死なんだろうが・・・
しかしやっぱり、喜多方ラーメンはこの姿に尽きると思う。

進化形を頂いたら、こんな古典も頂いて見よう。大いにお勧めである。

Dsc00023_2
Dsc00761_2
喜多方は蔵の街、ラーメンの街であると共に「漢字の街」としても取り組む。
多くのお店が、屋号の如く店前に古代文字を掲げる。
こちらは中華人民共和国初代首相・周恩来氏の甥・周爾均氏が来店、それにあやかりこちらの漢字を「周」とした。
本場ラーメンの国の周氏、日本が誇る喜多方ラーメンを食べて何を思ったか・・・

Dsc00745_2
駐車場は店の裏(ただし一方通行なので入ったところから出られません)。

Dsc00751
Dsc00747
ラーメン処 蔵美

福島県喜多方市二丁目4648-6(地図)

TEL 0241‐24‐4053

営業時間 10:00~19:00 11:00~14:00

定休日 火曜日

席数 テーブル5卓 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり

ホームページ http://www.ramenkai.com/list/detail.php?i=14

交通アクセス JR喜多方駅を背にして二つ目(駅前の信号は含まず)の信号を右折。次の信号を左折。約350m先右手。喜多方グリーンホテル向い。

« たんぽぽ亭 2@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメンショップ 矢吹店@福島県矢吹町 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62410633

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン処 蔵美@福島県喜多方市:

« たんぽぽ亭 2@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメンショップ 矢吹店@福島県矢吹町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ