« あじ庵食堂 8@福島県喜多方市 | トップページ | くるくる軒@福島県会津若松市 »

2015年11月23日 (月)

ウリナム食堂 2@福島県喜多方市

早くも二回目(^0^)

Dsc00252
こちら、朝の部(7:00~)と昼(11:00~)ではメニューが変わる。
前回は朝の部。今回は昼の部におじゃました。丁度11時頃到着。

Dsc00256
「いらっしゃいませ~」
笑顔の素敵なママさん(ホントだぞ!)に迎えられた。
今回は男性店員二名。カウンターに着席した。

Dsc00254
昼の部のメニュー。
朝に加え、味噌や辛味、まぜ系が加わる。
まあ頼むものは決めていた。お冷が届くと同時に「ウリ辛らーめん。3辛で」とお願いした。

何やら香ばしい香りと軽快な音。煙・・・前客の料理であろうか?
約10分後「お待たせしました~」と、ママさんからサーブされた。

Dsc00261
ウリ辛らーめん(3辛) 920円

Dsc00263
もうもうと湯気が上がり撮影に苦労する。ふーふー・・・
ベースは味噌の様。一面に唐辛子粉がまぶる。

Dsc00265
赤い粒が点々と見えるが・・・決してそれほど辛くない。ピリ辛レベル。
理由は、ベースの味噌が甘めだからであろう。しかしこの駆け引きが絶妙。
ただ辛ければいいと思ってるラーメンではない。

Dsc00269
麺は定番の、中太縮れの喜多方麺。モチモチシコシコ元気よし。
少しくらい強いスープはしっかり受け止める力強さを持つ。
このラーメンでもしっかり融合。

Dsc00267
野菜はモヤシ、白菜、ニンジン、ニラ、ネギなど。
いずれもスープで茹でられたものでスープのうまみが染みこむ。
茹で具合はしゃっきりで食べていて楽しい。辛みと野菜の甘みがいいコントラスト。

Dsc00266
頂上には刻まれたチャーシューが載る。
甘辛なカエシがほんのり染み出し、脂身に味をつける。

Dsc00270
二郎とかタンメンとか、野菜が載るラーメンは一緒に箸で掴んでバサバサ食べるのがうまい。

Dsc00271
食べ進むうちにだんだん顔が熱くなってくる。額に汗・・・
外は雨。寒いはずなのに汗ばんでくる。スープを少し残してごちそうさま。

こちらは朝鮮料理がルーツだから、さぞや辛いと思ったがさに非ず。
辛ければいいと思うのは日本人の浅はかさ。甘辛うまい。

辛いのが苦手な人にも堪能して頂きたい。大いにお勧めである。

Dsc00258
これから寒くなる季節。体を温めましょう(^0^)

Dsc00274
こんなメニューも・・・まぜそば大好きな自分。次の宿題に・・・

Dsc00273
ウリナム食堂

福島県喜多方市字前田4924-7(地図)

TEL 0241-23-5930

営業時間 7:00~15:00

定休日 未確定

席数 カウンター7席 テーブル2卓

喫煙 不可

駐車場 あり(5台)

ホームページ http://urinamufood.com/

交通アクセス JR磐越西線「喜多方駅」を背にして一つ目の信号(駅前の信号ではない)を右折。約100m先の二つ目の路地左折(一方通行)。約200m先の一時停止を左折。すぐ右手。

« あじ庵食堂 8@福島県喜多方市 | トップページ | くるくる軒@福島県会津若松市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

素敵なママさんですね。(そこからか?)
11/22写真右側に移っているテーブル席に着席しました。(笑)
タイミング良くお昼の再訪記事・・・素敵でした。

味噌は・・・過ぎる他の味や風味をマイルドにしますね。
このお店のヤンニン購入すれば良かったなあ。

とはいえ・・・唐辛子・・・品種の違いで辛味はもちろん千差万別ですが・・・
「韓国産唐辛子」・・・同じ品種だと日本産より辛味がマイルドらしいですね。
栽培する土地の「気温」、「日照時間」、「土質」等が影響するようです。

似た事例ですが、中国で栽培しているザーサイを新潟県園芸試験場が聖篭町で
栽培したのですが・・・「コブ」ができなかったんです。
(芥子菜系で野沢菜や高菜の仲間ですが根がコブ状にならないザーサイは・・・NG」

ちなみに大根も生育時に「ストレス」を受けると辛味成分が増加することがあるそ
うです。

人間も・・・育った環境で・・・と考えると面白いですね!

いらっしゃい。

例えば、同じお米のコシヒカリでも、群馬の高崎と新潟・魚沼のコシヒカリでは味は歴然。
日中暑くて朝晩冷える魚沼と、日夜暑い高崎とでは、うまみの貯めこみ方が違うらしいです。

>育った環境で・・・

もちろん人間も。そしてラーメンも・・・

ウリナム風まぜ麺

ときめきを感じます←なんかこれいいですね、ホントにときめいちゃいました(*´艸`*)

>>嶺上自摸さん

いらっしゃい。
ラヲタはラーメンのみに注目でしょうが・・・
「観光客用村おこしラーメン」と言われる喜多方ラーメンが廃れない理由。
それはきっと「お店の居心地のよさ」でしょう。
自分はなぜか?喜多方に行くと故郷に帰って来たような気になります。
こちらを訪れた方も、おそらくそう思われると思います(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62690370

この記事へのトラックバック一覧です: ウリナム食堂 2@福島県喜多方市:

« あじ庵食堂 8@福島県喜多方市 | トップページ | くるくる軒@福島県会津若松市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ