« 食房 もりなが@福島県会津若松市 | トップページ | らぁめん 赤星 17@埼玉県深谷市 »

2015年11月 9日 (月)

ラーメン二郎 新潟店 2@新潟県新潟市

祝・開店(^0^)

Dsc00186
以前、会津若松店では後れを取るという苦い経験から、早めの出発を試みた。

Dsc00171
が・・・( ̄□ ̄;) 

何だよっ!この行列はよっ!まだ午前3時だぞ!
とりあえず行列にジョイント。ジロリアンであろう後ろの方と二郎談義して時間を潰す。
時間が経つにつれ、どんどん行列が長くなる・・・

Dsc00177
5時半に整理券配布。「11時ころです」と言われた。
なんだかんだでこの時点で限定100食を大きく上回り、急きょ追加の170食完売。一旦解散。

Dsc00181
開店が前倒しで行われる事は織り込み済み。9時半ころ再び店に向かう。
皆わらわらと店の前に集合。もう店内に入っている人がいる。
店前にいる整理券の若い順番に入れている模様。スタッフの指示に従って並ぶ。

Dsc00191
今日のこの日のため、総帥・山田拓美氏はじめ、各店のスタッフが応援に駆け付ける。

Dsc00201
少しづつ行列が進み、11時ちょっと前、券売機にたどり着く。
「ラーメン 小」のボタンをポチる。

Dsc00196
総帥や他店のスタッフが見守る中、新店主の渡辺氏が一心不乱に調理。
最も助手が新規開店をするのと違って、松戸店主としてやっているのでオペはスムーズ。
スタッフに促され食券を手渡す。着席する前に「みなし」でオペが始まるようだ。
やがて「お一人様、カウンターへどうぞ」と誘われる。結構余裕ある店内で窮屈な感はない。

Dsc00207
Dsc00210
ウッド調の店内に赤いカウンター。
おなじみ「二郎からのお願い」とカラメボトル、胡椒が置かれる。
座って間もなく「小ラーメンの方、ニンニク入れますか?」と問われる。
「ニンニク・アブラでお願いします」と返す。すかさず着丼であった。

Dsc00212
ラーメン 小(ニンニク・アブラ) 700円

Dsc00214
丼の色、乳化具合から池袋歌舞伎町新橋の系統を彷彿させる。

Dsc00213
ヤサイは、ノーコールではこんな感じ。小食&老体の自分には十分な量。

Dsc00218
インスパイアの「モヤシラーメン」と違い、キャベツ率が多いのが直系のいいところ。
モヤシ/キャベツ率は7:3。茹で具合はクタのちょっと前。自分には好み。

Dsc00216
乳化した表面をレンゲで割ると、鮮烈な琥珀色のカエシが顔をのぞかせる。
まず一口、醤油と豚と脂とニンニクと化調の入り混じったスープをグビリ。
舌から脳裡に突き抜けるガツン!二郎はこの一口目がうまい!

Dsc00219_2
麺は言わずと知れた、日清製粉・オーション使用の二郎麺。
平打ちの極太麺は、外皮が多少入るため黒っぽい。それゆえ独特な香ばしさがある。
若干柔めな茹で具合でうどんライク。噛む歯を優しく受け止める。
しょっぱめなスープと甘みある麺がいい感じにバランスしてコントラスト。

Dsc00220
Dsc00221_2
ぶたでかっ!
直系10㎝以上、厚さ15㎜以上ありそうなバラはしっとり柔らか。
ダシを取ったダシガラで、決して食わせるチャーシューではないが食い応え十分以上!
わずかに残った豚のうまみと塩辛さがじわっと滲む。これが二個。未掃除の脂もうまい。

Dsc00222
脂と言えば・・・こんな塊がたくさん入る。新潟ラーメンは脂の入るラーメンも人気。

Dsc00223
麺量は、先客の話では280g。直系二郎の標準的な量。
難なくロットを乱さず食べ終わる・・・が・・・
やはり直系二郎。最後の方はかなりしょっぱい。3口ほどスープを頂いて丼を上げる。

ラーメン王国・新潟。そこに現れたラーメン二郎。
新潟の人にどんなインパクトを与えるのか?どんな評価を受けるのか?

ともかく、故郷に錦を飾ったこちら、大いにお勧めである。

Dsc00200
営業時間はちょっと変則?

Dsc00182
Dsc00183
Dsc00178
ラーメン二郎 新潟店

新潟県新潟市中央区万代5丁目2‐8(地図)

TEL 未確認

営業時間 火~金16:00~22:00 土日祝11:00~17:00

定休日 月曜日 第三日曜日

席数 カウンター12席

レンゲ あり

喫煙 不可(外に灰皿あり)

駐車場 なし(近くにコインパーキングあり)

交通アクセス 国道8号を長岡から新発田方面へ走行。「紫武山インター」を新潟駅方面、国道7号へ。「栗ノ木橋」信号左折。「東大通」信号右折。一つ目の「流作場五差路」信号右折。一つ目の信号角左手。

« 食房 もりなが@福島県会津若松市 | トップページ | らぁめん 赤星 17@埼玉県深谷市 »

ラーメン二郎」カテゴリの記事

コメント

早速いらしたんですね。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
とうとう新潟にもラーメン二郎pignoodleができましたね。
なかなか行けませんが時間を作って行ってみたいと思います。
UPありがとうございました。m(_ _)m

初日は県外客メインの祭と化したんでしょうかね?
それにしても早朝というか深夜から並ぶって,私はジロリアンにはなれないな~。
最近は自身の老朽化でグンマーのインスパイア系に伺うこともなくなってますが,混雑が終わったら一度チャレンジしてみたいです。

›› 小白竜さん

いらっしゃい

どちらかと言えばおとなしめなラーメンが多い新潟にあって、このラーメンを食べた新潟の方は「なんだよっ!このラーメンはよっ!」と、そのインパクトの強さにあきれると思います。
それが受け入れられるか?そうでないか?見ものです(^^)

››さんぷぅさん

いらっしゃい

一番の方はなんと九州から!ジロリアンてつくづく異常と思いました。

本当にご無沙汰してます。最近縁があって福島に通っていまして、東北の味をとことん楽しんでおります。
新潟の二郎!突撃ですね。ややくたりの具合も写真で確認できますが、キャベツ率が高い。
福島には会津二郎があるのですけど、二郎系すら根付いていないのでこの地ではどうなんでしょう。

››mona2もなもな さん

いらっしゃい。
新潟は二郎がなくてもインスパイアが多く、みんな二郎をご存知の様で開店日から大盛況の模様。
逆に会津は喜多方、会津ラーメンが一般的でインスパイアもない模様。「二郎って何?」な感じ。
よく喜多方の帰りに様子を見に、店の前を通りますが行列は長くなく、穴場かと思います(^^)

いつも楽しく拝見させてもらってます。

もし良かったら私のブログも観て下さいね

アイアップ弁天橋通店 店長のラーメンブログ 素敵なご対麺 です

›› 6さん

いらっしゃい。

新潟はラーメン王国。かなりレベルが高く、ちょっとした食堂に入っても感激する事しきり。
もっぱら自分は釣りで上越、あるいは寺泊あたりまでですが・・・

新潟のラーメン情報、参考にさせていただきます(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62641228

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 新潟店 2@新潟県新潟市:

« 食房 もりなが@福島県会津若松市 | トップページ | らぁめん 赤星 17@埼玉県深谷市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ