« ウリナム食堂@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメン二郎 新潟店 2@新潟県新潟市 »

2015年11月 6日 (金)

食房 もりなが@福島県会津若松市

会津名物?白べこラーメン(^0^)

Dsc00036
三階建ての鉄筋コンクリの建物。そこに看板と暖簾が掛かる。
ちょっと時間外れの1時半過ぎ。店の横の駐車場に車を滑り込ます。

Dsc00038
カウンター&小上がりの店内。
「いらっしゃいませ~」の会津美人の合唱に迎えられた。カウンターに着席。
先客はカウンター二人、小上がり一組4人。地元の常連さんか?

Dsc00040
Dsc00044_2
Dsc00045_2
Dsc00043_3
メニュー
デフォのしょうゆラーメン400円!ば・か・や・す・い!ちょいトッピングラーメンも550円!
やたら「カレー」の文字に目を奪われた。
会津ならソースカツ丼。もしくは喜多方に負けじと「会津ラーメン」だろうが・・・
冷たいしょうゆラーメンは冷やしラーメンであろうか?
そんな中、こんなの見つけた。

Dsc00039
???味噌カレーミルクラーメン?牛乳ラーメンの存在は知っているが・・・
これはミルクラーメンで味噌味とカレー味を選ぶのか?
お冷を持ってきてくれた会津美人に「みそみるく」とお願い。
しかし「味噌ですか?カレーですか?」とは聞かれなかった。全部入りか?

そして、せっかくの会津。ラーメンだけではもったいない。
会津名物のソースカツ丼のミニをお願いした。12分後、着丼であった。

Dsc00046
味噌カレーミルクラーメン 600円

Dsc00048
Dsc00049
薄ぼんやりのアイボリー色の丼麺にコーンやほうれん草の鮮やかな色が映える。
店主の実家は農家で、野菜も自家製とか?

Dsc00051
ミルク・・・という事で、ポタージュ風という事は予測していたが・・・
一啜りしてびっくり。まずはカレーの香ばしさが鼻を突く・・・
そしてその一方、味噌のコクと牛乳のまったりが舌を撫でる・・・三位一体の味わい。
レンゲに載ったバターを溶き混ぜる・・・いっそうバタ臭さが増す。

Dsc00053
麺は喜多方より太め平打ちの会津麺。なかなかしっかり圧縮されシコシコ硬め。
小麦の香りとうまみが堪能できる。まるで家系の麺。

Dsc00054
メンマはあっさりめな味付け。ほのかに塩漬けの塩気が残る感じ。

Dsc00056
茹でモヤシがなかなかしゃっきり甘い。コーンと共に歯応えよし。さらに・・・

Dsc00057
ミニソースカツ丼 450円(麺類と同時注文の場合は50円引き)

Dsc00059
カリッとした衣に染みこむソースは甘め。ロースの赤身から豚のうまみが滲む。

Dsc00058
お新香付き(^0^)

Dsc00060
さらにさらに・・・コーヒー付き(^0^)

Dsc00061
これでなんと!お会計は1,000円ぽっきり。ごちそうさまでした。

お勘定時、ママさんに「初めて食べたけど、なかなか面白いラーメンですね」と言うと・・・
「そうですか?もうちょっと変えた方がいいですかね?」と言われたので「そのままで」と・・・

絶妙なバランスで味が三変化する「みそみるく」。大いにお勧めである。

Dsc00062
Dsc00037
食房 もりなが

福島県会津若松市住吉町20‐6(地図)

TEL 0242‐26‐8242

営業時間 11:30~14:00 17:00~21:00

定休日 不定休

席数 カウンター5席 小上がり3卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道121号を日光から喜多方方面へ走行。会津若松城の手前の信号を左折。JR会津鉄道「西若松駅」のある陸橋を超えた信号先約600m右手。アピタ向い。

« ウリナム食堂@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメン二郎 新潟店 2@新潟県新潟市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

前記事も含めて本当に素敵な記事。心の奥の奥がほっこりします。(感謝)
この記事のラーメンて・・・青森に似た物がありましたね。(笑)

すみませんカツ丼で少し脱線しますがお許し下さい。
ソースカツ丼・・・私は新潟市出身でして今「タレカツ丼」と呼ばれる卵でとじない
カツ丼エリアで育ちました。(※当時は狭いエリアだけの食べ物でした。)
昭和58年(しつこくてごめんなさい。)・・・埼玉県本庄市不二ドライブインで
カツ丼注文したら・・・「ソースカツ丼」でした。・・・キャベツなしで・・・味が
「ソース!!!」(※新潟は和風の甘いタレ)・・・友人の一人が群馬県桐生市
出身で・・・「なにをびっくりしてんの?普通だんべ?」と聞いてきて・・・「いや・・・
味付けがソースでびっくりした。」と答えたら・・・静岡出身の友人が「卵でとじて
ない方がびっくりダラー!」(そりゃそうだ)
茨城出身の友人が「美味しけりゃなんでもいいだへ?」
※関東の微妙な語尾の違いが好き!(栃木のだっぺ、神奈川のジャン)

・・・すみませんカツ丼でした。・・・上記3人の友人にまだ有名になる前の・・・
新潟市とんかつ太郎でタレカツ丼ご馳走した時・・・皆が「旨い!」と喜んで
くれたのが・・・思い出です。
※僕は・・・卵とじカツ丼も大好きです!(大笑)

貴殿のブログ・・・素敵です・・・マイペースで頑張って下さい。

››トトゴンさん

いらっしゃい

昔TVで「カツ丼は太平洋側がソース、日本海側が卵とじ」と言うのを見ました。
自分の祖母はラーメン屋。そこは卵とじカツ丼。それが普通だと思っていたら特殊の模様でした。

ちなみに山梨ではこんな分類の模様です。 http://www.geocities.co.jp/gakubow_1/koreh.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62516114

この記事へのトラックバック一覧です: 食房 もりなが@福島県会津若松市:

« ウリナム食堂@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメン二郎 新潟店 2@新潟県新潟市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ