« くるくる軒@福島県会津若松市 | トップページ | おおぎやラーメン 伊勢崎連取店@群馬県伊勢崎市 »

2015年11月27日 (金)

三保屋食堂@福島県南会津町

国道121号沿い。田島駅に向かう角に佇む。

Dsc00338_2
いつもはただ通り過ぎるだけの街。だが・・・こぢんまりした風情ある街。
実はこちら、店名がわからずスルーしていたのだが・・・ふと「ラーメン」の文字が見えた。
時間は2時半。前食から二時間経っており、また暖簾も出ていた。車を滑り込ます。

Dsc00316
ガラリと戸を開け「いいですか?」と声を掛ける。
「どうぞ~」と男女の店員に迎えられた。テーブルのみの店内は余裕あり。

Dsc00311
Dsc00313
Dsc00312
Dsc00310
ぶおおぉぉぉ・・・と言う感じで並ぶメニューは圧巻。
ラーメンも豊富だが丼物、ご飯物、定食も豊富。「焼きおにぎり」のセットもあり。
あまり知られていないが、実は南会津の米はかなりの良食味。
食味計では「ひとめぼれ」は魚沼コシヒカリに劣らない数値を叩き出す。
テーブルに着席。南会津のおいしい水がサーブされた。

Dsc00314
あらためて卓上のメニュー。

Dsc00318
店内に「会津らーめん」のノボリもあったが900円・・・Orz
ママさんにどんなラーメンか聞くと「山菜なんかが載ってるラーメンです」との事。
ベースであろう「ラーメン」をお願いした。ちょっと時間が掛かった15分程で着丼であった。

Dsc00319
ラーメン 550円

Dsc00322
思わず「うおっ、当たり!」の佇まい。
ちょっと淡めの琥珀色が、白い丼いっぱいに湛えられている。このビジュアルは見事。

Dsc00325
ぽつぽつ脂玉が浮くスープはほんのりガラ感香る。
いい香りのスープを口に含むと鶏ガラの優しい味わいが舌の上に広がる。
わずかに、ほんのわずかに生醤油?が鮮烈。甘みは化調か?しかし許す。

Dsc00326
会津は太麺?いえいえ。駅前という、不特定多数の客相手の場所柄「普通」でありたい。
細目縮れの東京ラーメン風。ツルツルと啜り込んで適当に唇で噛みきる。
ふわっとかん水と小麦の風味。ラーメン・支那そば・中華そばを食べる醍醐味いっぱい。

Dsc00327
Dsc00329
チャーシューは二つの部位がひとかけらづつ。
正直パサで、決して「食わせるチャーシュー」ではないがレトロ感いっぱい。食堂らしい。

Dsc00328
メンマも浅めの味わい。

Dsc00330
最近のラーメンからは見られなくなったナルト。しかしここでは健在。

Dsc00331
何か宝物を掘り当ててしまった感じ。むさぼり頂く。スープを少し残してごちそうさま。

昨今のラーメンブームは異常。おおよそ「これがラーメンか?」というラーメンのオンパレード。
そんな店に押されて普通のラーメンが絶滅の危機に瀕している。
そりゃラヲタはいいだろうが、本当のラーメン好きと言われる方々は辟易・・・
「どこかに昔ながらのラーメンはないものか?」と渇望。

どっこいここにある。ブームに汚染されていない昔ながらのラーメン。大いにお勧めである。

Dsc00317
ちなみにこちらが会津ラーメン。写真だけでも・・・

Dsc00307
外には昔懐かしいサンプルが並ぶ。

Dsc00337
二回は大広間。

Dsc00334
Dsc00305
三保屋食堂

福島県南会津郡南会津町田島中町甲3939(地図)

TEL 0241‐62‐0178

営業時間 11:30~15:00

定休日 未確認

席数 テーブル7卓 二階に大広間

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道121号を日光から会津若松方面へ走行。国道289号と交わるT字路を右折。三つ目の「会津田島駅」へ曲がる信号角。

« くるくる軒@福島県会津若松市 | トップページ | おおぎやラーメン 伊勢崎連取店@群馬県伊勢崎市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62697469

この記事へのトラックバック一覧です: 三保屋食堂@福島県南会津町:

« くるくる軒@福島県会津若松市 | トップページ | おおぎやラーメン 伊勢崎連取店@群馬県伊勢崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ