« 手打ち工房 凌駕@山梨県甲府市 | トップページ | お食事処 鳥岩 2@群馬県邑楽町 »

2015年12月11日 (金)

わらぴよ食堂@山梨県北杜市

国道141号沿い。清里高原に佇む。

Dsc01094
甲府からの帰り道、ふと「油そば」の看板が出ていた。
見れば煙突から煙。ノレン?が出ている。時間は3時半頃・・・

Dsc01085
Dsc01086
「いらっしゃいませ」
穏やかな感じの男性に迎えられた。「いいですか?」と聞くと「どうぞ」と・・・
おしゃれな感じの山小屋風の店内。薪のはぜる匂いいっぱい・・・

Dsc01078
Dsc01083
「こちらがメニューです」とカウンター下を示される。こんなメニュー初めて。
「油そばって、東京でやってる感じの?」と聞いてみる。
「それでしたら、これが一番似てます」と言われたのは「炎のもやし」。そちらを注文する。
きっと創作油そばだろう。他にもアルコールやおつまみいっぱい。

奥の厨房に上がる火柱。中華鍋をふるう音。香ばしい匂い・・・10分程で着丼であった。

Dsc01087

炎のもやし 500円

Dsc01088_2
頂上の紅生姜はじめ、油炒めのもやしや刻みネギが鮮やか。
パアッと胡麻が振りかかる。

Dsc01089
グルッと返して麺を引っ張りだす。
中細なストレートな丸麺はラーメンと言うよりパスタライク。
シコっとしたプラスチッキーな食感。表面滑らかな事と油のおかげでするする入る。

Dsc01090
パリッとシャキッとしたもやしに胡麻が絡まり香ばしい。
もやしはほんのり塩味。

Dsc01091
穏やかな味具合&油のせいでマイルド。アクセントになる紅生姜。

Dsc01092
では・・・レッツまぜまぜ〜
ふわっと立ち昇る醤油風味。プラス炒めた油の香りがたまらない。
もやしパリパリ、ネギザクザク。食感と味わいをむさぼる。

Dsc01093
いつも思う。油そばって何で一気に食べきってしまうのだろうか?ごちそうさまでした。
店主、店は5年前から、今のメニューにしたのは2年前からだという。

シーズンともなれば、日本中からおしゃれな観光客が集まる清里。
並みのメニューではアピール不足。各店頭をひねってメニュー作り。
いかにお客さんに喜んでもらうか?こちらもそうであろう。

清里高原の創作油そば、大いにお勧めである。

Dsc01095
Dsc01076
Dsc01096
わらぴよ食堂

山梨県北杜市高根町清里3545−106(地図)

TEL 070−5401−8418

営業時間 11:00〜21:00(20:30LO)

定休日 火・水曜日

席数 テーブル3卓 小上がり2卓

喫煙 未確認(灰皿は見えませんでした)

駐車場 あり

店主ブログ http://ameblo.jp/warapiyo-syokudo/

交通アクセス 国道141号を佐久から韮崎方面へ走行。「清里」信号越えて約1km先右手。

« 手打ち工房 凌駕@山梨県甲府市 | トップページ | お食事処 鳥岩 2@群馬県邑楽町 »

山梨のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62795395

この記事へのトラックバック一覧です: わらぴよ食堂@山梨県北杜市:

« 手打ち工房 凌駕@山梨県甲府市 | トップページ | お食事処 鳥岩 2@群馬県邑楽町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ