« カッパ64@東京都福生市 | トップページ | らーめん らZOKU@静岡県御殿場市 »

2015年12月28日 (月)

マルナカ@静岡県藤枝市

静岡朝ラーメン(^0^)

Dsc01287
創業何と1919(大正8)年!しかも関東からは認知されていないが、藤枝は朝ラーメンの地。
こちらはそれを象徴するお店と聞く。到着は朝9時ちょっと前。店名もない赤ノレンをくぐる。

Dsc01273
「いらっしゃいませ。こちらで食券をどうぞ」
三名の、ちょっと歳のいった駿河美人に迎えられた。
食券制。中華そば、冷やし。そしてチャーシューは普通なのだが・・・何とカツラーメン!
デフォの「中華そば 並」のボタンを押し、駿河美人に手渡す。

Dsc01274
この時間はひっそり。昔ながらのそばうどん店の佇まい。
直角な角度の椅子を持つテーブルに着席。
奥に大柄な感じの男性店員。窮屈げな感じでオペをこなす。
12分後、お盆に載って着丼であった。

Dsc01277
中華そば 並 500円

Dsc01278
器が渋い!渋すぎる!というか・・・これってそばうどんの器じゃね?

Dsc01279
まあ要は器より中身。なかなか醤油色濃いスープ。油はほとんど見えず。
油がほとんど浮かないタイプ。レンゲがないので丼からズズズ・・・
動物感なく、昆布や魚介の和風。しかし、かなり醤油感支配的なスープ。

Dsc01280
麺は中細平打ちストレート。滑らかな表面は啜り心地、のど越し共に良。
しっかり圧縮された感じでパツパツ、プリプリで心地よい食べ応え。
毎朝打つという麺は、小麦の甘みと風味が存分に楽しめる。

Dsc01282
チャーシューは薄切りのモモ辺り。一番うまみが出る部分。
ダシを取ったダシガラだが昔のラーメンは皆こんな感じだった。
ちょっと固め。噛み締めると最後に残ったうまみが滲む。

Dsc01283
メンマはしっとり、さっくりとした噛みごたえ。ほんのり甘めの味わい。

Dsc01285
し・か・し!出てきた時は、いかにも朝ラーメンらしい「軽い一杯」と思えたが・・・
食べても食べても減らない!麺が底まで入っている。
あとで調べたら麺量185g!下手なラーメンの1.5倍!二日酔いの胃にヘビー・・・
やっとこさ食べきってごちそうさま。お盆を返却棚へ・・・

日本のラーメンの歴史は、水戸黄門さま が食べた事に始まるが・・・
汁はそのまま、そばうどんの麺だけ変えた「中華そば」として普及したのではないだろうか?
大正創業のこちらのラーメンが、そばうどんライクなスープなのもそれが理由かも?

戦後、中国からの復員兵が持ち込んだラーメンでなく、それ以前から日本にあった?「日本在来ラーメン」大いにお勧めである。

Dsc01284
9時を過ぎるとお客さん続々・・・

Dsc01276
マルナカ

静岡県藤枝市志太3−1−24(地図)

TEL 054−646−1510

営業時間 8:00〜13:30頃

定休日 日曜日 祝日 第二・第四土曜日

席数 テーブル6卓 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり

ホームページ http://marunaka.on.omisenomikata.jp/

交通アクセス 国道1号を沼津から名古屋方面走行。藤枝駅方面へ向かう「内谷新田」立体交差を降り左折。数キロ先の「志太」信号右折。2つ目の信号右折。約50m先左手。


« カッパ64@東京都福生市 | トップページ | らーめん らZOKU@静岡県御殿場市 »

静岡のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/62894343

この記事へのトラックバック一覧です: マルナカ@静岡県藤枝市:

» 藤枝朝ラーメンの発祥のお店で!中華そば@マルナカ(藤枝) [食メモ。〜愛知&横浜B級グルメと飲み記録〜]
マルナカ@藤枝で、 中華そば 並。 500円なり。 冬の18きっぷ遠征麺、第2弾。 先日の奈良・京都に続き、静岡。 近くであり、ずっと気になっていた地域ではあるが、 如何 ... [続きを読む]

« カッパ64@東京都福生市 | トップページ | らーめん らZOKU@静岡県御殿場市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ