元ラーメン二郎

2013年6月26日 (水)

ラーメン 新橋店@東京都港区

♪汽笛一声新橋を~♪ 

Dsc03806
鉄道発祥の地・新橋駅付近に佇む。

Dsc03831
元・ラーメン二郎新橋店。いわゆるフーズ系である。
以前は「二郎」の名の痕跡があったがその後改装されたようだ。
開店時間の11時到着。一番乗りであった。

Dsc03812
食券制。
入ってすぐ右手に券売機。ビールの食券もあり飲める店でもある。
デフォのラーメンのボタンをプッシュ。

Dsc03817
奥に長い店。ちょっとシックでBarのような作り。カウンターとテーブルが2卓ありくつろげる。
カウンターに着席する。

Dsc03815
「いらっしゃい」
気の良さげな店主に迎えられた。一人で切り盛りしているらしい。
食券を高台に置く。ちょっとして「トッピングはございますか?」と問われた。

Dsc03814
無料トッピングはこちら。
表記はわずかに異なるが「ヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラ」である事はジロリアンなら承知。
「ニンニク・アブラでお願いします」と返す。
ラーメン提供直前でなく、なぜこのタイミングなのか?それはオペを見てわかった。
まず丼にカエシを入れる。グルを入れる・・・その後にニンニク(アブラも?)投入なのだ。
続いてダシを入れ麺投入。ヤサイと豚を載せて・・・10分後、着丼であった。

Dsc03819
ラーメン(ニンニク・アブラ) 600円

Dsc03821
なかなかいいアブラっぷりではないか?細かな背脂が無数に浮く。
ラーショや東京とんこつと言った感じの、自分の好きなタイプ。

Dsc03822
切り立ったヤサイが、雲から頭を出した富士山の様。

Dsc03823
乳化せず、透き通ったスープは甘辛ですっきりしたタイプ。これも東京とんこつ風。
わかりやすい味で、多くの方に好まれそうだ。背脂のねっとり感とよくマッチ。
忍ばせたニンニクがほんのり香る。

Dsc03825
麺は中太。わずかにウェーブ。二郎よりかなり細め。小麦の風味と甘みがギュッと詰まる。
スープが適度に付着しサバサバいける。

Dsc03824
ヤサイはほとんどモヤシ。キャベツは申し訳程度。比率は9.5:0.5位だろうか?
オペを見ていると、茹でるというより「湯がいた」感じでシャキパリな食感。うまい。

Dsc03826
Dsc03828
「豚」は小ぶりの、部位の違うところが2枚。一枚はモモ、一枚は腕だろうか?
ダシ用と見えて味はわずか。スープで味付けな感じ。
モモはミシッと歯応えあり。腕はホロリと分解。間のスジがうまい。

Dsc03830
麺量はおおよそ150g前後と見た。ヤサイのボリュームもありおおよそ一食に足りる。
サバサバ食べ進んでご馳走様。

Dsc03868
当日、わが国に対して暴虐の限りを尽くす、韓国との国交断絶を主張するデモに参加。
「日韓断交!韓国粉砕!」このラーメンが、強力なエネルギー源になった事は言うまでもない。

こちら、二郎というより「モヤシの多い東京とんこつラーメン」である。
どちらかというと食べ手を選ぶ二郎に対して気楽なラーメン。
しかし、それはよい事であろう。フーズ系、大いにお勧めである。

Dsc03816
二郎ルールは、今やラーメン屋におけるマナーのひとつとなった?

Dsc03810_2
Dsc03811
ラーメン 新橋店

東京都港区新橋3-3-7(地図)

TEL 03-3595-7247

営業時間 11:00~14:00 17:00~20:00 土曜日11:00~14:00

定休日 日曜日 祝日

席数 カウンター11席 テーブル2卓

喫煙 不可

駐車場 なし

交通アクセス JR新橋駅下車。「日比谷方面(SL広場)」の方に出て、駅を背に十字路を進み一つ目の「新橋三丁目交番前」信号左折。一つ目の「新橋三丁目」信号を過ぎた路地を右折。二つ目の路地を右折、三軒目左手。

2012年8月26日 (日)

ラーメン 虎ノ門店@東京都港区

国会議事堂から程近い、国道1号「桜田通り」からちょっと入った所に佇む。

Dsc00776
元・ラーメン二郎虎ノ門店。いわゆる「フーズ系」。
到着は11時10分頃。自分が到着した丁度にシャッターが上がった。ちょっとルーズ?
先客なし。一番乗りであった。

Dsc00777
食券制
年季の入った券売機。メニューはかつて二郎だった事をうかがわせる「豚入り」「豚ダブル」のネーミングが残る。「ラーメン」のボタンを押す。

Dsc00784
カウンターに着席。靖国神社からここまで歩いてきたので喉がカラカラ。
卓上に置かれたポットから水を注いで飲んでいると「お好きなトッピングどうぞ」と促された。
いきなりコールタイムである。

Dsc00779
・・・と言っても、二郎ルールでまごつく事はない。
「ニンニクアブラで」とお願いした。

Dsc00781
店員は中年男性二人。世間話をしながら一方は調理、一方は店の整理をしてる感じ。
手は止まらないから悪印象は受けない。愛想は良くなく悪くなく・・・ さっぱりした物。
7分位で着丼であった。

Dsc00786_2
ラーメン(ニンニク・アブラ) 600円

Dsc00787
ちょっとおしゃれな意匠の丼。
接客同様、豚骨醤油背脂チャッチャに、モヤシトッピングのシンプルな姿である。

Dsc00789
レンゲに背脂がどろどろ~と流れ込む。ふっと豚臭。
しかしスープは無乳化。背脂の向こうに鮮やかに澄んだ琥珀色が見える。
深い色どおりに切れがあり大いにインパクトあり。
スープ自体はかなり甘辛ショッパ目。ほんのり化調の甘み。
マイルドな背脂の味わいとはいいバランス。温度は熱め。

Dsc00792
麺は二郎とは全く異なる、正方形断面の中細中華麺。わずかにウェーブ。
加水率低め、茹で加減硬めのカリポリした食感。小麦の風味と甘み一杯。
スープと麺のせめぎ合いで、思わず口の中がパラダイス。

Dsc00791
ヤサイは100%モヤシ。これもパリッとした茹で具合で歯ごたえよし。

Dsc00794
豚は小ぶりな、一般的なサイズが2枚載る。
腕肉辺りと推測。ダシガラをカエシに漬けて味付け。ちょっとショッパ目、硬め。

ケレン味のない単純で軽快な味と食感。サバサバ啜り込む。ニンニクは控えめ。
麺量は概ね180g位か?ボリュームはヤサイに負うところも多い。スープを少し残してごちそう様。

2004年より「二郎」のネーミングが取れてしばらく経つ。
もはや二郎らしさは微塵もなく、典型的な東京豚骨のようである。

それは決して悪い事ではない。ジロリアンが来ない代わりに、一般のお客さんが食べやすいラーメンである。
後客を見れば、客層も比較的二郎より年齢が高そうだ。

二郎ではなくなったが、その分取っ付きやすい味。大いにお勧めである。

Dsc00780
おなじみの二郎のお願い。しかし二郎でなくても便宜を図ろう。

Dsc00774
Dsc00775
ラーメン 虎ノ門店

東京都港区虎ノ門3-2-3(地図)

TEL 不明

営業時間 11:00~19:00

定休日 日曜 祝日

席数 カウンター15席

喫煙 不可

駐車場 なし

交通アクセス 国道1号線「桜田通り」を霞ヶ関官庁街より南下。「虎ノ門三丁目」信号右折、約50m先左手。

2012年8月17日 (金)

ラーメン 神田店@東京都中央区

♪こ~こ~はお江戸か~、神田の~街か~(○大節)
学生街・JR神田駅付近に佇む。

Dsc00538
元・ラーメン二郎神田店。
こちら、二郎の系統の一つで「フーズ系」と呼ばれる。
「ジローフードシステム」という経営母体のチェーン店。都内三店舗を持つ。
到着は11時。到着は開店15分前、シャッターであった。
なかなか古めかしい、勇ましい店構え。店先の看板にはかすれた「二郎」の文字。

Dsc00549
開店時間。「どうぞ」の声で入店。待ち人は自分ひとり。
食券制。デフォであろう「普通盛」のボタンをポチる。ビールもあり「飲める二郎」である。

Dsc00553
カウンターのみの店内は、古いがキレイに磨き込まれてて光る。
水差しが置かれる。店員は店に似合わす?若い、ご夫婦と思われる美男美女(ホントだぞ)。

Dsc00550
無料トッピングの貼り紙に「二郎」の文字が残る。
店主(男性)に「まだ二郎の名残があるんだね」と言うと「ええ、ところどころに」と・・・
食券を渡す。ママさんは丁寧に麺を揉み込んでいる。
おもむろに「トッピングは?」と聞かれた。「ニンニクアブラ」と答えた。

手裁きいい店主。左手で深ザルを「ちゃっ、ちゃっ・・・(タメを作って)ちゃっ、ちゃっ・・・」
トッピング、6分ほどで着丼であった。

Dsc00554
普通盛(ニンニク・アブラ) 700円

細かい脂粒が表面にまんべんなく浮かぶ。

Dsc00556
ラード層厚め。

Dsc00557
うひひ、まだまだ蕾み。初々しさ一杯のAカップ未満・・・いかん、危ないおじさんを演じてしまった。
モヤシ/キャベツ比は8.5:1.5。パリパリ感あるモヤシはうまみも一杯。

Dsc00559
ふっ、と豚クサが香る。
スープを一すすり。脂とラードの層の下に、澄んだ琥珀色のスープが見えた。
キレあるカエシ。醤油と味醂のうまい融合。甘辛でインパクトある感じ。背脂がマイルド。
いかにも「東京豚骨」なイメージ。温度は熱め。
直系だと亀戸京成大久保辺りに似る。

Dsc00560
中太のストレートに近い角麺。
二郎と比べれば細め、加水率は高くなくモチモチ感なし。結構硬め。
その代わりしっかりした腰があり小麦の甘みと風味一杯。
主張強いスープに負けない感じでジャストマリッジ。

Dsc00561
チャーシューは、若干筋が多い部分。
赤身にほんのり豚の味。じっくり煮られた筋部分。噛めば噛むほど味が出る。
ほんのり染み込んだカエシとマッチ。これが二枚載る。

「二郎」の刻みニンニクがスープに溶け込み、ますます二郎度が増してきた。
しかし、直系と違い、味が濃すぎて嫌になる感じはなかった。
むしろ脂がきつかった。スープを少し残して、丼を高台に上げてご馳走様。麺量は200gちょっとと思う。

2004年。フーズ系は突然「二郎」の文字を看板から消した・・・

何があったのか?ロイヤリティの問題か?縛りの問題か?
店主に聞いてみたが「いろいろありまして・・・」と、お茶を濁された。

正直、お値段がよろしい(個人的には600円)が・・・最近開店の直系より、昔の二郎の雰囲気を残す。

初めて頂いたがフーズ系。大いにお勧めである。

Dsc00547
Dsc00539
「二郎」の痕跡が読み取れるテントと看板。

Dsc00540

Dsc00541_2
ラーメン 神田店

東京都中央区日本橋本石町4-4-17(地図)

TEL 03-3270-4926

営業時間 11:00~19:00

定休日 日曜日 祝日

席数 カウンター12席

喫煙 不可

駐車場 なし

交通アクセス JR神田駅西口下車。駅を背に左手方向へ。スクランブル交差点を渡り直進3分位。信号に出る一本手前の、自販機が並ぶ路地を右に入ると・・・

Dsc00543
こんな感じにお店が見えます(^^)

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ