おおぎやラーメン

2015年11月30日 (月)

おおぎやラーメン 伊勢崎連取店@群馬県伊勢崎市

県道2号「前橋・古河線」沿いに佇む。

Dsc00350
一つの区画に3つの食べ物屋が入る一角に気を吐く。日曜の12時ちょっと前に到着。

Dsc00354
「いらっしゃいませ~」
黒シャツに赤いスカーフの上州美人4人に迎えられた。この時間で3組7人ほど。
カウンターに着席。秋の日差しを受けて、磨かれたカウンターが光る。

Dsc00357
昔ながらのレトロな掘っ立て小屋風を演出した店内。傘つき電球が光る。
波型トタンに貼られたメニュー・・・

Dsc00352
おおぎやと言えば味噌ラーメン。し・か・し・・・本日はこちらがターゲット。
お冷とおしぼりを持ってきて頂いた上州美人に「激辛カレーラーメン」をお願い。
「ライスお付けしますか?」の問いに頷く。

Dsc00358
12時を回ると後客続々。にわかに活気づく店内。
厨房は男性店員二人が切り回す。脇目も振らず一生懸命なオペ。出来上がり品をサーブ。
スタンバイした女性店員が次々と配膳。自分の所へも・・・
「お待たせいたしました。激辛カレーラーメンでございます。ご注文の品、以上でお揃いでしょうか?」と着丼であった。

Dsc00359
激辛カレーラーメン 947円(税込)

Dsc00361
黄色っぽくなく赤っぽいのは唐辛子粉がまぶるのか?
その中央に白い茹でモヤシ。頂上に鷹の爪が載る。半身の味玉が2つ載る。

Dsc00362
ベースのカレーはなかなかスパイシー。なかなか本格的で食堂のカレーでなく専門店風。
そこに粉唐辛子の辛さでインドと朝鮮のハイブリット風。なかなか面白い味わい。

Dsc00364
麺は群馬県人にはおなじみ「おおぎや麺」。
中細縮れのオーソドックスな姿ながら、それゆえ文句の出ない仕上がり。
しかしカレー。特に激辛にはちょっと敗け気味?

Dsc00366
激辛を中和するように?さっぱり茹でモヤシが載る。
パリッとシャキッとした茹で具合で辛くなった舌を休める。

Dsc00367
黄身はとろりと半熟。ちょっと甘め。これもカレーの舌休めになるであろう。

Dsc00368
刻まれたチャーシューが入る。甘辛カエシが染みアクセント。
他に刻みタマネギが入り、なかなか楽しませてくれる。そ・し・て・・・

Dsc00363
辞退する事が多い自分だが、カレー故、あえて頼んだサービスライス。
日本人ならカレーとご飯の相性は言わずもがな。
ご飯にスープを掛けてもよし。丼にご飯を投入してもよし・・・し・か・し・・・

Dsc00371
最初はそうでもなかった辛さが、食べ進むうちにジンジン効いてくる!辛ぇ~だんべ~よ!

唇が熱い!舌が痛い!汗が額に滲む!目に涙!意識もうろう・・・ごちそうさまでした。

外に出る。晩秋の赤城おろしが心地よい・・・

ラヲタからは邪道と言われるかも知れないが、自分を含め、カレーラーメンマニアは存在する。
例えばこの人。天玉ジャンキーNEO

コアなカレーラーメンマニアのために作ってくれた?
おおぎやのカレーラーメン。大いにお勧めである。

Dsc00372
Dsc00373
おおぎやラーメン 伊勢崎連取店

群馬県伊勢崎市連取町1263-3(地図)

TEL 0270-21-8611

営業時間 11:00~26:00

定休日 年中無休

席数 カウンター8席 テーブル6卓 小上がり2卓

喫煙 未確認

駐車場 あり

ホームページ http://www.oogiya.com/

動画 http://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 県道2号線「駒形バイパス」を前橋から伊勢崎方面へ南下。伊勢崎オートレース場を左に見た先の「連取」信号を左折。三つ目の「市民病院入口」信号越えて約400m先左手。

2015年11月18日 (水)

おおぎやラーメン 吉岡店@群馬県吉岡町

県道25号。通称「高崎・渋川線」沿いに佇む。

Dsc00144
この界隈は群馬でも田舎。山賊が出そうな真っ暗な道に電灯が煌々と輝く。
夜10時ころ到着。

Dsc00146
Dsc00152
「いらっしゃいませ~」
働き者で有名な上州美人に迎えられる。さっとお冷とおしぼりが届く。
先客は二組8人ほど。カウンターに着席した。

Dsc00145
メニュー。
おおぎやと言えば「みそラーメン」と帰ってくるほど人気メニューだが・・・
実はいろいろやっている。店の外にも大書きされたトマトラーメン。
「女性に大人気」と書かれているが、おっさんが頼んで何か問題でも?
「ピリ辛あったかトマトめん」をお願いした。サービスライスも勧められたが辞退。

Dsc00147
スタッフは男性二名、上州美人二名の体制。私語がないのは社員教育がしっかりしている証拠。
6分後「お待たせいたしました~」の声と共に着丼であった。

Dsc00154
ピリ辛あったかトマトめん 834円(税込み)

Dsc00155_2

一面真っ赤!そこに浮く香草の緑が目映い。
ふわっと立ち昇る香りはオリーブ油とニンニクの香り。イタリアンです。

Dsc00159
スープは熱め。あるいは熱せられた油の熱さか?
フーフー吹きながら少しづつ啜る。ベースはコンソメチックな塩。
そこにトマトピューレの甘酸っぱさ。ほんのり辛めのチリペッパー。

Dsc00162
麺は自社工場で生産される「おおぎや麺」。
細目角断面のそれはツルツルシコシコ、軽快に啜り込める。
ただ、個性的なスープに若干負けていた気がした。
これは勝手な意見だが、幅広平打ちにして小麦の主張を出した方がいい気もした。

Dsc00163_2
Dsc00164
Dsc00165_2
具は豚コマ、スライスオニオン、トマトの果肉、バジルなど。結構ヘルシー。

Dsc00158
Dsc00161
そして・・・この辺がピリ辛アイテム。粒唐辛子ペースト&糸唐辛子。
甘酢っぱスープで騙されるが、食べ進むほどにジンジン熱くなってくる。

Dsc00166
辛さは食欲を増進させる。具と麺を一緒に挟んでバサバサ頂く。

Dsc00167
食べ終わるころには額に汗。ごちそうさまでした。

一説、激辛「雷ラーメン」は群馬発祥だという。
特に空っ風が吹き冬は寒さが「痛い」群馬。何となく納得。

店を出る。榛名おろしが火照った頬に心地よい。

激辛ラーメンは、群馬の空っ風の中で食べてこそうまい。大いにお勧めである。

Dsc00169
Dsc00168

おおぎやラーメン 吉岡店

群馬県北群馬郡吉岡町小倉421‐6(地図)

TEL 0279-54-6784

営業時間 11:00~26:00

定休日 年中無休

席数 カウンター6席 テーブル7卓 小上がり3卓

喫煙 可(カウンターは時間分煙制)

駐車場 あり

ホームページ http://www.oogiya.com/

動画 http://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 国道17号を熊谷、本庄から前橋方面へ走行。県道25号と交差する「下小鳥町」信号左折。県道25号を渋川方面へ。「小倉」信号角左手。

2015年10月16日 (金)

おおぎやラーメン 高崎石原店 2@群馬県高崎市

季節限定メニュー登場(^0^)

Dsc09908_2
以前は、ファミレスチックな建物だったがウッド調に改装された。
ラヲタは、夜中に突然ラーメンが食べたくなるもの。
そんな中、夜遅くまでやってるこちら。夜11時半ころ訪店。

Dsc09910
Dsc09914
「いらっしゃいませ~」
この時間でも元気な男性店員二人、上州美人一人のあいさつに迎えられた。
時間的に、酔っ払いの団体さんがご機嫌よろしく大きな声。カウンターに着席した。
きれいに磨かれたカウンターは、電灯の光を受けて輝く。

Dsc09911

Dsc09915_2
Dsc09912_3

Dsc09916_2
メニュー
おおぎや全店の定番メニューは元より、フランチャイズ故の店限定メニューも用意。
憩いの場としてアルコールのお供も多く備える。

Dsc09909
今回の目的はこれ。多くのおおぎやの前を通るたびに気になっていたメニュー。
数量限定との事だったが・・・店員に聞くと「はい、できます」との事。ラッキー!
待つこと12分。酔っ払いさんが次々オーダーするので厨房大忙し。着丼であった。

Dsc09918
きのこラーメン 700円

Dsc09921
結構シンプルな丼麺。表面は油層とスープの二重構造。
パアッとかかる刻みネギや万能ネギが鮮やか。

Dsc09923
あちちちち・・・結構油温度は高め。そして香ばしい匂いが立ち昇る。ゴマ油かな?
そしてその奥から、けんちん汁風田舎味な甘みが顔を出す。ほんの少しとろみを感じた。

Dsc09926
麺は、ほかのメニューと共通であろう、わずかにウェーブする細麺。
啜り心地滑らか。頼りなげに見えて、実はシコッと一本芯が通る上州女のごとき食感。
誰が食べても文句の出ない仕上がり。人気の理由であろう。

Dsc09927
きのこはシメジ、マイタケなど。
プリッとした噛み応え、鼻腔に広がる芳醇な香り。そこに絡まるスープのうまみ。
秋。そして群馬の田舎の素朴さいっぱい。

Dsc09928
もちろん貧しさなく、豚バラもこんなに入る。なんとなくうま煮風。そして・・・

Dsc09929
おおぎやと言えばサービスライス。東北の銘柄米と聞く。
汁(あえてスープと言わない)を飲み飲み。ご飯食べ食べ・・・日本食の味わいですなぁ。

Dsc09930
こうやって麺と具を一緒に頂き、ご飯を掻っ込むのも快感。
あるいは、〆ライス入れて、おじやにしてもいいかも?(ヴァイスさん風)

Dsc09931
ふーっ、700円でかなりおなかがきつくなった。ごちそうさまでした。

実は群馬はきのこの産地。榛東村や大胡町、南牧村などの農村部ではきのこ栽培が盛ん。
きのこラーメンは地産・地消かも?

出来うればもっと田舎で、民芸調の店舗で、鉄鍋(土鍋でも可)風の器で、半纏着た女性店員が配膳してくれれば最高なんだが・・・まあそうも行くまいが・・・

秋深し 隣もラーメン 食ふ人ぞ

秋のおおぎやのきのこラーメン。大いにお勧めである。

Dsc09917
Dsc09906_2
おおぎやラーメン 高崎石原店

群馬県高崎市石原町1467(地図)

TEL 027-328-8877

営業時間 11:00~24:00

定休日 年中無休

席数 カウンター6席 テーブル5卓 小上がり2卓

喫煙 可

駐車場 あり(10台位)

ホームページ http://www.oogiya.com/index.html

動画 https://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 国道17号を埼玉県から前橋方面へ走行。「下之城町」信号の三つ先の「城南大橋」信号を左折、一つ目の信号右折。一つ目の信号手前右手。

2015年1月19日 (月)

おおぎやラーメン 小島田店@群馬県前橋市

国道50号沿いに佇む。

Dsc00369
実は風邪をひいてしまった・・・Orz
風邪をひいた時は激辛ラーメンを食べて強い酒を飲んで栄養ドリンク飲んで風邪薬飲んでいっぱい水を飲んで温かくして寝て汗をかいて治すのが自分流・・・
Dsc00374
「いらっしゃいませ~」
働き者の上州美人3人の明るい声に迎えられた。12時ちょっと前。すでに6人程の先客。
カウンターに着席。さっとお冷とお絞りが届けられた。

Dsc00372
Dsc00373
メニュー。
「辛」の字が4つ付いた「激辛みそラーメン」をお願い。
「サービスライスお付けしますか?」のお言葉に、そちらもお願いした。

なかなか捌きのいい厨房。作り手は両手が同時に動き見ていて頼もしい。
7分後、まずライス。そしてラーメンが到着であった。

Dsc00376
激辛みそラーメン 864円(税込)

Dsc00377_2
うおっ、細かく刻まれた鷹の爪が結構振りかかり勇ましい表面。
ニンニクも心持ち多いか?

Dsc00379
コクのある味噌味は、自社工場で作られるこだわりのブレンド。
誰でも親しめそうな味わい。人気の秘密だろう。しかし・・・
レンゲで食べ進めるごとに唐辛子でジンジンしてくる。

Dsc00381
麺をまさぐる。ふわぁ~っと立ち昇る湯気。熱々の証拠。
こちらも自社で製麺される。モチモチシコシコの中細麺は、しっかり味噌味を受け止める。
二郎麺?博多麺?やっぱりラーメンはこの食感だと思う。

Dsc00382
Dsc00378
ザッとモヤシやニンニクを崩し均す。風邪の特効薬。
細かく刻まれたニンニク。空気に触れる部分が多いゆえ結構な効き具合。
パリッとした茹で具合。コーンの甘みが辛いスープとのメリハリをつける。

Dsc00384
途中辛くなった舌を休めるようにライスを頂く。
正直、ライスはラーメンの「おかず」であろう。

Dsc00383
モヤシと麺を一緒に頂く。モチモチとシャキシャキが融合・・・
ラーメン食べたら、ライスを食べる。ライスを食べたら水を飲む。水を飲んだらラーメン食べる。
この無間地獄に陥る・・・

Dsc00385
辛さに出る汗。しかしただ辛いだけではない。組み合わせがよく甘辛を堪能。
わずかにスープを残してごちそうさま。
かなり血行が良くなった様で爽快感あり。だるさがなくなり元気が出る。
発汗作用により、体に溜まった悪いものも押し出されるであろう。

思うに、朝鮮人の反日パワーの源は唐辛子ではなかろうか?
日本人も負けないよう、唐辛子を摂取しようではないか!

※ 但し摂取しすぎると「火病」と言ってキレやすくなるらしいから程々に・・・

「辛」4つはダテじゃない。かような治療法で一晩で風邪を治した。
世間で風邪が流行ってるらしいが、風邪気味のアナタ、大いにお勧めである。

Dsc00368
裾野は長し 赤城山(上毛かるた)

店を出た時の、頬をなでる赤城おろしが爽快・・・

Dsc00386
Dsc00387
おおぎやラーメン 小島田店

群馬県前橋市小島田町13-1(地図)

TEL 027-261-2227

営業時間 11:00~26:00

定休日 年中無休

席数 カウンター8席 テーブル5卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり

ホームページ http://www.oogiya.com/

動画 http://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 県道40号「高崎駒形線」を関越自動車道・高崎ICより前橋、大胡方面へ走行。国道50号と交差する「小島田」信号角左手。

2014年12月15日 (月)

おおぎやラーメン 高崎問屋町店 2@群馬県高崎市

祝・開店(^^)

Dsc05149
2014年12月5日開店。日本で一番新しい「おおぎや」である。

Dsc05124
11時15分頃到着。先客は10人ほど。明るい「いらっしゃいませ」の合唱に迎えられた。
一人であることを告げるとカウンターに誘われた。

Dsc05125
Dsc05126_2
Dsc05131
Dsc05129
Dsc05132
メニュー
ラーメンは元よりセットメニューやサイドメニュー。デザートや子供向けメニューなどサービス充実。
いまどきのラーメン屋は家族連れ・子供連れでは敷居高いような店ばかりだが、こちらは大歓迎の様である。
やたら味噌ラーメンの注文や配膳が多いのはおおぎやならでは。

しかし今日は変化球?でいってみよう。胸に「研修中」の札を付けたかわいい上州美人に「塩ラーメン」とサービスライスをお願いした。注文を復唱する時のぎこちなさが初々しい。

Dsc05133_2
スタッフは男性一人、上州美人4人の体制。
さすが働き者で名高い「かかぁ天下」の上州女。さばきもテキパキ。ストレスを感じない。
普通、新店では不慣れなスタッフのためうまく回らない事が多いがさすがおおぎや。
客に不自由を掛けることなどしない。客の呼びかけに、即座に「はーい」と笑顔で対応。

かつて某つけめんチェーン店の開店の時、ラーメン一杯1時間以上待たされたのとは大違い。
7分ほどでまず「サービスライス」が到着。

Dsc05135
かつては群馬の米か?と思っていたが、最近は米価の下落によりグレードアップ。
コシヒカリを使っていると思われる。卓上の小梅で頂いた。そして・・・

Dsc05136
塩ラーメン 648円(税込)

Dsc05139
味噌や醤油に比べてモノトーンな色合いは一見地味。
コーンやネギが控えめに彩る。胡椒や唐辛子のスパイスが見える。

Dsc05141
若干濁りのスープは、今風のお上品でなく昔のラーメン屋風。
ガラ感香るダシに結構ニンニクが効くワイルドな感じ。
ケレン味ない塩がキリリと冴える。熱めの温度に胡椒が効いて、結構顔が熱くなる。

Dsc05143
麺は中細。食い応えと、モチモチシコシコな食感が堪らない「おおぎや麺」。
自社工場で製麺するから「自家製麺」でしょう。かん水の香りと麦の香りがバランス。
結構どんなスープにも対応しそうなオールラウンダー。

Dsc05144
パリッとした茹で具合のモヤシ。噛むと甘い汁が口中にほとばしる。
麺と一緒に箸で挟んでスープをザバッと絡めて頂く。

Dsc05145
モヤシやコーンは載れど、味わいは「カケラーメン」に近いノリ。シンプルの一言。
サバサバモチモチパリパリ、途中で適当にご飯を掻っ込みながら・・・ごちそうさまでした。

お勘定して外に出る。ほてった顔を、師走の上州名物「空っ風」がなでるのが心地よい。

おおぎやのラーメンは、空っ風に吹かれて食ってこそうまい。大いにお勧めである。

Dsc05123
納入業者から贈られた花輪が並ぶ。

以前、人づてに、おおぎや関係者様から、弊ブログへお褒めの言葉を頂いたと聞いた。
心より感謝いたし、誇りに思う次第である。

Dsc05147
Dsc05148
おおぎやラーメン 高崎問屋町店

群馬県高崎市問屋町2丁目11-2(地図)

TEL 027-388-9800

営業時間 11:00~26:00

定休日 年中無休

席数 カウンター8席 テーブル8卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり

ホームページ http://www.oogiya.com/

動画 http://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 国道17号を本庄から前橋方面へ走行。環状線と交差する「緑町」信号右折。一つ目の信号角左手。

2014年10月29日 (水)

おおぎやラーメン 高崎問屋町店@群馬県高崎市

新店情報!高崎問屋町におおぎや開店!

Dsc06551
問屋町交番向かい。以前会社があったところがさら地に。複合施設になるらしい。
それを囲む壁に書かれていた。

Dsc06552
中はまだまだこんな感じだが・・・問屋町にあって、なかなか駐車場は広そうだ。

おおぎやと言えば、群馬県人で知らぬ者はいない人気ラーメンチェーン。
みそラーメンは、焼きまんじゅうと並ぶ?名物ではないだろうか?

こちらオフィス街。ランチタイムはどこの店も一杯だが、選択肢が増えるのはうれしい。
また通し営業は、時間を外したビジネスマンにも心強い味方。

自分は「おおぎや」は安心のブランドマークと思っている。大いにお勧めである。

おおぎやラーメン 高崎問屋町店

群馬県高崎市問屋町2丁目11-2(地図)

TEL 未確認

営業時間 未確認

定休日 未確認

席数 未確認

喫煙 未確認

駐車場 あり

ホームページ http://www.oogiya.com/

動画 http://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 国道17号を本庄から前橋方面へ走行。環状線と交差する「緑町」信号右折。一つ目の信号角左手。

2014年2月14日 (金)

おおぎやラーメン 上里店@埼玉県上里町

国道17号沿いに佇む

Dsc05237
大雪の日、寒さに凍えながら8時頃到着。

Dsc05215
「いっらしゃいませ」
ふわっとした熱気と元気な声に迎えられた。一人であることを告げるとカウンターに誘われた。
最近のおおぎやの、山小屋風の内装。雪のためか?先客もまばら。

Dsc05216_6
新メニューの白菜ラーメン。寒かったので「ピリ辛白菜ラーメン」をお願いした。
「ライスはお付けしますか?」の問いにうなづく。

Dsc05218_2
スタッフは男性一人、埼玉美人二人の体制。てきぱきした動きは好感。
5分ほどでまずライスが、すぐにラーメンが到着した。

Dsc05225
ピリ辛白菜ラーメン 700円

Dsc05228_3
もうもうと湯気があがり顔を温める。

Dsc05229_2
まずスープから・・・あちちちち・・・かなり熱くてうれしい。熱さとともに辛みが舌と唇を刺激する。
「醬油」と書いてあるが野菜のうまみが溶け出してまったりな感じで味噌みたいな味わい。

Dsc05231
麺はおおぎや定番?の中細ストレート。もちもちシコシコ、うっすらかん水風味。
最近は無かん水の麺がもてはやされているようだが、やっぱりラーメンはこれであろう。

Dsc05232_2

白菜のほか、たまねぎ、ニンジン、豚肉なども入る。
きっとスープで煮られたものであろう。熱々・・・
噛み締めると白菜の甘みと、吸ったスープが滲み出してくる。

Dsc05224_2
サービスライス。
わざとラーメンのスープを残し、汁代わりにご飯を掻っ込むのがおおぎやでの自分流。

Dsc05234_2
食べている間に胃や顔が温まってくるのがわかる。ごちそうさまでした。

おおぎやといえば「みそらーめん」のイメージが強いが・・・さにあらず。
いろいろなメニュー開発中のようである。「白菜ラーメン」大いにお勧めである。

Dsc05236

Dsc05214_4
おおぎやラーメン 上里店

埼玉県児玉郡上里町神保原892-3(地図)

TEL 0495-33-2800

営業時間 11:00~26:00

定休日 年中無休

席数 カウンター6席 テーブル6卓 小上がり3卓

喫煙 可

駐車場 あり

ホームページ http://www.oogiya.com/

動画 http://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 国道17号を高崎から本庄方面へ走行。「神保原(北)」信号先約200m左手。

2013年11月29日 (金)

おおぎやラーメン 長野軽井沢店@長野県軽井沢町

国道18号沿いに佇む。

Dsc03091_2
2012年10月オープン。日本で一番新しい「おおぎや」である。
午後4時頃到着。さすが軽井沢、よそのおおぎやと違い、なんとなくおしゃれに見える。

Dsc03093
「いらっしゃいませ!」
元気のいい若い男性店員三人の合唱に迎えられた。
この時間に家族連れが二組。ちょうど小腹の空く時間でもある。カウンターに着席した。
店内も窓が大きくおしゃれな雰囲気。

Dsc03097_2
Dsc03098
Dsc03099
メニュー
メニューは県によって違いがある模様。やはりおおぎや、「みそ」がお勧めの様だが・・・
この時期は辛いラーメンがうまい。台湾メンをお願いした。

Dsc03100
社員教育の賜物か?てきぱき動く店員に私語は無く好感。
ついたての向こうにはジャーがあり、セルフでサービスライスが頂ける。
もっとも新潟のように漬物やふりかけはなかったが・・・6分後に着丼であった。

Dsc03101
台湾メン 650円

Dsc03103
自分の中での台湾ラーメンは「辛い醤油ラーメン」の認識である。
ラードが皮膜を作る。その向こうになにやらスパイシーな物が見える。

Dsc03105
あちちちち・・・ヤケドに注意したい熱いスープである。そおっと・・・
まず醤油、そしてスパイスの香ばしさ、ついで辛さが舌の上に乱舞する。
唐辛子の辛さ、山椒のひりりとした辛さ、胡椒の辛さ、ターメリックの苦さが交錯する。
しかも漢方っぽく体にもよさそう。胃が温まる。

Dsc03107
麺は中細の縮れ麺。モチモチ感いっぱい。スパイスが麺に絡んで融合、辛さと調和する。
麺量は平均的な150gであろうか?

Dsc03108_3
ニラ、キャベツ、モヤシ、ニンジン、タマネギなどの温野菜が載る。
特にニラは風邪予防に効きそうだ。白ゴマの風味がたまらない。

Dsc03109
食べ進むうちに体が火照ってくるのがわかる。
それにしても、これだけ長い間にも冷めないスープに驚く。少し残して箸を置く。

帰り、車の窓を全開にしてみた。標高1,000mの冷たい風が気持ちいい。
熱い地方のエスニックな台湾メン、寒い軽井沢で大いにお勧めである。

Dsc03092
Dsc03110
おおぎやラーメン 長野軽井沢店

長野県北佐久郡軽井沢町長倉1721(地図)

TEL 0267-46-6277

営業時間 11:00~23:00

定休日 年中無休

席数 カウンター14席 テーブル10卓

喫煙 カウンター完全禁煙 テーブル11:00~15:00まで禁煙

駐車場 あり

ホームページ http://www.oogiya.com/

動画 http://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 国道18号バイパスを軽井沢から小諸方面へ走行。「鳥井原東」信号越えて約200m左手。

2013年9月16日 (月)

おおぎやラーメン 伊勢崎東本町店

県道2号沿いに佇む。

Dsc02034
新メニューが出たらしい。早速チェックしてみた。

Dsc02037
時間外れの3時頃到着。しかし小腹の空く時間帯か?先客は若い人が二組。
「いっらしゃいませ」と若い男性店員に迎えられた。ウッド調の店内はレトロな雰囲気。
テーブルに着席。さっとお絞りとお冷が出てくる。

Dsc02036
メニュー。こちらはおなじみの定番だが・・・

Dsc02038
新メニューはこちら。最近魚介系ラーメンが人気。
「ぶしみそ」と「ぶししょうゆ」の二種類あり。ぶししょうゆラーメンをお願いした。
暇な時間でも店員に私語はなく、調度品の乱れを直したりと環境整備に余念がない。
6分ほどで「お待たせ致しました。ぶししょうゆらーめんになります」と着丼であった。

Dsc02040
ぶししょうゆラーメン 750円

Dsc02044
海苔の座布団に載った魚粉が鎮座。六厘舎風。

Dsc02043
まずは一口。よくあるドロドロ系か?と思うもさにあらず。
普通この手の「濃厚」は油や醤油で甘ショッパな物だが・・・こちら油、ショッパさ共に控えめ。
節のうまみとダシのうまみが軽快に交錯。調味料より素材の味が前に出る。
「濃厚」なのは味付けではなくて素材のうまみの方らしい。

Dsc02045
麺はおなじみの「おおぎや麺」。わずかにウェーブする中太麺はツルツルモチモチ。
誰が食べても安心できるやさしい食感。軽快なスープゆえ、この太さでも麺に存在感あり。
しかし欲を言えばもう一種類、モチボソの粉っぽい細麺がセレクトできればいいなとも思う。

Dsc02047
チャーシューはバラロール。焙りが入り、染みたカエシの焦げた部分が香ばしい。

Dsc02048
味玉が半分。黄身はやや甘めの味付け。

Dsc02041_2
そして「味が変わりますので、お好みでお試しください」と提供されたおろし生姜。
正直ミスマッチでは?と思ったが・・・意外や味に「冴え」が出た。

Dsc02049
ヘビーでなく、なかなかバランスのいい味の組み立ては最初から最後までおいしく頂けた。
やはりチェーン店。誰が食べても文句の出ない味作りは見事。

ぶししょうゆラーメン、大いにお勧めである。

Dsc02035
深夜まで通し営業は心強い味方。

Dsc02052
Dsc02050
おおぎやラーメン 伊勢崎東本町店

群馬県伊勢崎市東本町94-8(地図)

TEL 0270-22-1177

営業時間 11:00~26:00

定休日 年中無休

席数 カウンター6席 テーブル6卓 小上がり4卓

喫煙 可

駐車場 あり

ホームページ http://www.oogiya.com/

動画 http://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 県道2号「前橋古河線」を前橋から太田方面へ走行。「東本町」信号角手前右手。

2013年7月 8日 (月)

おおぎやラーメン 高崎貝沢店@群馬県高崎市

くそ暑い!群馬県館林が気温37度を記録!気分は冷たいラーメンである。

P1010178
多くのおおぎやが建物をリニューアルする中、こちらは昔のままのラーメンハウス的外観。
多くのラーメン屋が閉まっている夜10時半頃到着。

P1010181
繁華街でなく、さすがに空いているこの時間。先客は二人。
若い男性店員に「いらっしゃいませ」と迎えられ、さっとお冷とおしぼりが届く。

P1010184
メニュー
定番は味噌ラーメン筆頭にこちらだが・・・

P1010180
狙いはホームページで見たこちらである。
ラーメンに納豆?山芋?はたして・・・先ほどの店員にこちらをお願いする。

P1010186
夏はどうしても、そばうどん屋に客を取られてしまうラーメン屋。
あの手この手で客を呼ぶことを考えているようだ。ビール半額。イベント・・・

P1010183
こちらはフランチャイズ。ゆえにオリジナルメニューも存在する。
6分ほどで着丼であった。

P1010187
冷製ぶっかけ納豆 700円

P1010190
ラーショのような、浅い皿の様な丼。冷し中華風にモヤシ、キュウリ。わさびがデンと載る。
引き割り納豆が表面を覆う。

P1010192
スープは油の浮かない冷たいスープ。甘酸っぱ。
しかし冷し中華のような酢が尖る様な感じではなく梅の酸っぱさが心地よい。心が洗われる様だ。
スープと納豆をすくって食べてみる。なかなかいい取り合わせではないか!
納豆臭さが梅酢に洗い流された感じでサラサラいける。

P1010196
麺は、米の粉使用の極細麺。タイ料理で使われるセンミーと呼ばれる米粉麺に酷似。
スープが絡み、ハルサメの様なチュルチュルした啜り具合が涼しげ。

P1010194
そして・・・この辺が山芋。

P1010197_2
では・・・レッツネバネバ~(※ わさびは大量なので効きます。注意してください)
ねばねばねばねば・・・ 歌いながらかき混ぜる。

P1010198
サバサバ、ボーボー言いながら一心不乱に啜る。
酸味が頭を突き抜ける。わさびが鼻を突き抜ける・・・快感!

P1010201_2
麺量は100gちょっとであろうか?一気に完食であった。

納豆や山芋は多くのムチンを含む。これは血液をサラサラにし、血栓や脳梗塞を予防したり、血糖値を下げる働きがある。これは生活習慣病対策になる。
また梅酢は夏バテ解消や、酸性化した血液を中和する働きがある。かなりヘルシー。

正直、まさかこんなラーメンを出してくるとは・・・びっくり。
「おおぎや=無難なラーメン」のイメージだが、実はかなり思い切ったラーメンもあるのだ。
ねばねばラーメン侮りがたし。大いにお勧めである。

P1010202
休日前は深夜二時まで営業。「1部営業」とは通しの事か?

P1010204
P1010203
おおぎやラーメン 高崎貝沢店

群馬県高崎市貝沢町747-3(地図)

TEL 027-362-2340

営業時間 平日11:00~15:00 17:00~25:00 金土祝日前11:00~26:00 日祝11:00~25:00

定休日 なし

席数 カウンター7席 テーブル6卓 小上がり1卓

喫煙 可

駐車場 あり

ホームページ http://www.oogiya.com/

動画 http://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 国道17号を埼玉から前橋方面へ走行。「緑町」信号右折。JR高崎線をまたぐ陸橋を超えた「貝沢町」信号右折。一つ目の信号を過ぎて約50m先右手。

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ